">
">WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ)

編集部
Written by 編集部

今回ご紹介するのは、札幌市白石区を拠点に活動するファンが育てる劇場型バンドアイドルグループ「WHY@DOLL(ホワイドール)」のお二人です。2011年にオーディションで厳しい審査を経て選び抜かれたグループ。現在は道内外のイベントに出演したり、週1・2のペースで公演を行ったり、映画の宣伝活動を行う等、活動の幅を広げています。そんなお二人の素顔やこれまでの活動、目標や夢を独占インタビューの形でお聞きしました。(収録日:2012年6月1日付)


―― まずは、お二人の自己紹介をお願いします。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
無限大の笑顔とパワーをお届けします!みんなの心に桜が咲きますように。さっちゃんこと太田桜子です。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
みなさんのハートに笑顔と平和を届ける隊であるー、ちはるんこと青木千春です。


左)太田桜子、1994年11月28日生まれ(上ノ国町出身)、ギター担当
右)青木千春、1993年1月21日生まれ、ギター担当
WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ)


―― お二人の趣味や特技は何ですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
写真を撮ることで、風景やお花を撮るのが好きです。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
1日120枚くらい取ってるよね。笑

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
旭山動物園に行っても、植物を連写で撮っちゃって、珍しいものあったら撮っちゃうんですよ。それを自分のブログに載せてるんです。そういうちょっと変わったことをすることが好きです。(※詳しくはブログ参照)

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
私は食べることと寝ること。その他、ファッション雑誌を読むことと音楽を聴くことが趣味です。音楽はアイドルさんの曲を、最近は東京女子流さんを聴くことが多いですね。二度寝するくらい寝るのが好きで、二人ともいつでもどこでも寝れます。笑

―― ここは負けないという自分の魅力は?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
負けず嫌いなところ。たとえば、他のグループと比べられたりするんですが、他のグループのMCこんなことやってるけど変えたほうがいいんじゃない?と言われると火が付くんですよ。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
私は声がいいねと言われるんですよ。そこを武器にアイドル活動をしたいです。自分ではあまり好きじゃないんですが、そこがいいのかなと最近思うようになってきました。

―― お互いを紹介してください。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
ちはるんは見た目はおっとりしてて、年齢が19歳に見えないとよく言われてるんですよ。でも中身はほんとはお姉さんなんですよ。頼れる存在なんです。私は姉がいるんですが、第二のお姉ちゃんなんです。ほんと天然で、時々寝言かなというくらい何言ってるかわからない時があって、独り言も多くて、でもすごく優しいです!

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
ありがとう。笑 さっちゃんはですね、最初会った時同じオーラを感じたんです。話してみたらやっぱり同じだなと。私たち冷めてるというか、ワーワー騒ぐタイプじゃないんですよ。だから一緒にいて落ち着くし、あと、私ネガティブなところあるんですが、そういう発言したらちゃんと怒ってくれるし、私の方が年上なんですが、さっちゃんのほうが年上に感じて、頼れます。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
私たち二人ともAB型なんですよ。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
一緒なんですよ。趣味とか行動とかも似ているので姉妹みたい。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
最近二人雰囲気似てきたねと言われてます。

―― お二人は昔からアイドルに興味があったのですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
セーラームーンとか歌って踊れるのに憧れていて、モーニング娘。さんのファンだったんです。コンサートにも行ったりしていて、私も将来こうなりたいとずっと思っていたので、今こうして活動できて嬉しいです。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
私はもともと芸能界に入りたいと思っていたんですが、AKB48さんを見てから自分もアイドルになっていろんな場面で活躍していきたいと思ったのがきっかけです。

―― それぞれ影響を受けたグループがいるようですが、どんなところがよいですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
モーニング娘。さんは衣装がきらきらしていて着てみたいと思ってたし、歌とダンスがそろっていて、そういったところも尊敬できて、とにかくモーニング娘。さんが大好きだったのでそうなりたいと思いました。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
AKB48さんは制服の衣装がすごく多くて、チェックの衣装を着るのが夢だったし、いろんな場面で活躍できているのを見て、自分もそうなりたいと思いました。

―― オーディションをどのように知って、なぜ受けようと思ったのですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
私は妹が見つけてくれました。私は昔からアイドルになるのが夢で、妹が携帯の掲示板で見つけたらしくて、見せてもらって受けようと思ったのがきっかけでした。その前に北海道でアイドルグループのオーディションを受けて、二次審査までいきました。その次にここを受けたので二回目ですね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
同じく掲示板を見て発見しました。私は地元が遠いので札幌でアイドルになれると知って嬉しく思って応募したのがきっかけでした。私はもともとモデルになりたくて、ファッション雑誌のセブンティーンのオーディションで最終審査に残ったのですが、残念ながら落ちてしまったんです。そのあとここに受かりました。

―― オーディションは結構大変だったそうですね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
書類審査で受かった人がここ(LINK's)に集まって面接と歌とダンスの審査がありました。ダンスはAKB48さんの曲を各自が覚えてきて審査員の前で踊るというものだったので、覚えるのも大変だった記憶があります。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
二次審査の後に投票審査をしたんです、わたしたち。全国の方に投票してもらって決まったメンバーです。二次審査に合格した後は選挙活動をしたのでその期間は緊張しましたね。

―― 自分がメンバーに選ばれた時の心境は?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
人生かけてたので、受かることができて嬉しかったのと、不安はあったけど、もっともっと自分も責任をもって頑張らなきゃと思いました。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
私はこのオーディションを最後にしようと思ってたんです。年齢的にも受けた時18歳で専門学校も決まってて、将来どっちにしようと悩みながら受けたので、どうしようと思っていました。受かったからには絶対に夢をかなえたいですし、これ一本でこれからもがんばりたいという気持ちが強いです。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
発表の時は投票数の多いほうから呼ばれたので、最初呼ばれた時ほんとに自分なの?って思ってびっくりでした。

―― 担当する楽器はギターですよね。これまで楽器の経験は?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
学校の授業でリコーダー・鍵盤ハーモニカくらいですね。笑

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
私は中学校の時に吹奏楽部だったので、クラリネットとバスクラリネットやってたのですが、それくらいですね。弦楽器は初めてです。二人ともギターなんですが、ギターは荒谷さん(UST-Z)に教えてもらったりして、あとはちょっとずつ自分で本を見たりして勉強してました。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
何もかも初めてだったので、大変ですね、今でも。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
ギターはコードが多くて、細かいところも多くて、覚えるのも大変なので、今でも苦労してます。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
弦と弦の間が長くて、指が開かないんですよ。押さえるのも苦労したし、弾きながらダンスで動いたりするのも最初できなくて大変でした。

―― 1stライブが2011年8月21日でした。その時の心境とかファンの皆さんの反応とかどうでした?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
ライブ前日まで実感がなかったです。リハーサルをした時に完成度が低過ぎて、関係者からも「こんなんじゃお客さんに見せられない」と言われたんです。でもそれが悔しくて本番まで極めて、あとダンスも歌も楽器も苦手だったんですけど、そこは表現で自分らしさを出していきたいと思っていました。1stライブは本当に緊張でしたね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
WHY@DOLLはファンが育てる、一緒に成長を楽しんでもらえるというコンセプトなんですよ。だから私も1stライブ前日まで「これじゃ駄目だよ」と言われて、悔しくて前日まで頑張りました。でも成長していくアイドルだから完璧な姿じゃなくて良いと思ったし、その日は自分のできる限りの力を出してやれたので、やりきったなというのが率直な感想です。ファンの皆さんは泣いてくれた人もいて、感動したって言ってくれました。

―― 2012年にリリースした1stシングルにはお二人のどんな思いが詰まってますか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
含まれている曲は、最初にいただいた「fight!」と「旅立ち」でした。活動開始からその日までの思い出が詰まった曲で、一人一人がありのままを表す曲なので、すごい思い入れある曲ですね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
CDの発売はもっと先かなと思ってたんですが、1年で出させていただいて、PV撮影とかいろんな体験ができたのもファンの皆さんのおかげだと思っています。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
1年は充実しつつも大変な一年でした。力を合わせないといけない場面もあるんですが、一人一人が自覚を持ってやらないと成長できないので、本当に成長できる場所だなと思いますね。

―― アイドルグループとして活動するようになって、周りの人の反応はいかがですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
親がすごい応援してくれていて、学校の友達からも頑張ってねと言われます。「見たよ」と言ってくれたりして、いろんなところで見てくださっていて知名度も上がっているのかなと思っています。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
最初家族に札幌に引っ越してくるのも活動も反対されていて、でも今一番応援してくれているのは家族なんじゃないかと思います。地元の友達も応援してくれるし、札幌の友達もライブに来て応援してくれているので感謝してます。

―― ファンの皆さんとのつながりで心掛けていることは何ですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
一対一で話すのがすごい苦手なんですよ。話したいんですけど話せないということがあるので、積極的に話すことと楽しんでもらうことを心がけていますね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
ファンのみんな全員大切なんですが、特に自分を推してくれている人をまず大切にして、近くで話しかけて交流を深めて仲良くなって、推してよかったなと言われるように努力しています。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
ファンの皆さんはいつも協力してくれるのでうれしいですね。北海道は消極的な人が多いと言われるんですが、そういう方ばかりじゃないんですよ。一体になって盛り上げれる力があると思います。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
ライブでは曲の最後にファンからの掛け声があるんです。日本ハムファイターズの「北海道~♪」を曲に入れてくれて、北海道アピールしてくれているんです。

―― 活動していて良かったと思うことはありますか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
毎日いろんなことがあるからそれも刺激になっているし、他のアイドルと違ってファンと一緒に成長していけるので、良かったことと悪いことをちゃんと言ってくれる。悪いところは指摘してくれるし、気づいていなかったところは言ってくれるし、次の時まで良くなってればそれも言ってくれるので、ファンの皆さん一人一人大切です。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
ファンの皆さんがいるからこそ今日まで活動してこれたと思うし、二人なんですが、仲良くて意見を言い合える関係です。周りから見たら仲良しグループに見えるかもしれないけど、言いあってるから成長できるし、関係者やファンからも言ってもらえる環境なので、そこがWHY@DOLLのいいところではないかと思いますね。

―― グループとしてまた個人としての夢や目標は何ですか?

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
全国デビューしたいです。あと、グループとしてももっと幅広い活動をしたいです。映画「愛と誠」の宣伝活動をしたので、映画にWHY@DOLLとして出てみたいし、いろんなことに挑戦してみたいです。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
やっぱり白石拠点に活動しているので、まずは白石区民に存在を認めてもらえて、それからいろんなところをまわって全国デビューして、二人でいろんなお仕事もらいたいです。アイドルだから音楽番組に出たいし、女優さんとか幅広く二人で活動していきたいと思っています。個人としてはモデルさんになるのが夢で、まずはファッション雑誌のモデルになりたいのと、PV撮影した時から女優さんにもなりたいと思うようになって、幅広くやりたいですね。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
私も最初はアイドルしか興味なかったんですが、いろんな取材受けたりいろんなことに挑戦したので、テレビ等メディアで活動できるタレントになりたいと思っています。

―― 最後に皆さんに一言ずつお願いします。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) ちはるん(青木千春)
まだWHY@DOLLというアイドルを知らない人が多いと思うので、一度公演に来てもらって、そして私たちの良さを一つでも感じてもらって、ファンになってもらいたいです。そのためにわたしたちも全力でパフォーマンスやっているので、やる気を感じ取っていただいて、応援したい!って言ってもらえるグループになりたいので、一度公演に来てほしいです。

WHY@DOLL(劇場型バンドアイドルグループ) さっちゃん(太田桜子)
同じく公演に来てほしいですけど、私たち二人プラス、ファンの皆さんでWHY@DOLLなので、皆さんもWHY@DOLLになりましょう!あと皆さんと一緒にいろんなところに行って楽しんでいきたいので、私たちをもっと知ってください。よろしくお願いします!

メンバー自己紹介映像

ライブ映像

WHY@DOLL(ホワイドール)

札幌市白石区のStudio Link'sを拠点に活動する札幌発のファンが育てる劇場型バンドアイドルグループ。Cradle Co.,Ltd.所属。ギター&ボーカル太田桜子、同じくギター&ボーカル青木千春の2名で構成される。2011年に行ったオーディションで、ファンの投票により選ばれ結成された最初のユニット。2011年4月28日の合格発表を経て、同年8月21日にデビューライブを行い成功を収める。2012年3月には1stシングル「旅立ち」「fight!」をリリースした。

Cradle Co.,Ltd 公式サイト:http://www.cradle-records.com/
WHY@DOLL公式サイト:http://www.cradle-records.com/whydoll.html
太田桜子公式ブログ:http://ameblo.jp/cura-joy/
青木千春公式ブログ:http://ameblo.jp/chihapon-0121/
ココに行けば会える!(活動拠点):Studio&Cafebar LINK's (札幌市白石区本通13丁目北1-1)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。