トピックス

2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

【札幌市】円山動物園生まれの「ギン」は2歳の雌レッサーパンダ。 レッサーパンダの2歳と言えばそろそろお年頃。さらにはレッサーパンダの発情期は1月~2月ぐらい。……ということで今年(2015年)に入ってから4歳の雄レッサーパンダ「エイタ」と繁殖のための同居がはじまった。(写真上:左が「エイタ」右が「ギン」)

「ギン」と「エイタ」とは?

「ギン」は円山動物園で2012年7月20日に父親「セイタ」と母親「ココ」の間に産まれたレッサーパンダ。これまでずっと双子のもう一頭の「キン」と一緒に生活してきた。

▼円山動物園生まれの「ギン」
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

「エイタ」は「ギン」のお婿さんとして、2013年10月28日に千葉市動物公園から円山動物園に来園した(借受個体)。 2010年7月3日に父親「風太」と母親「チィチィ」の間に産まれたレッサーパンダだ。父親の「風太」は、立つレッサーパンダとして一世を風靡したので覚えている人も多いだろう。

▼千葉市動物公園生まれの「エイタ」
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

今年に入ってから一般公開開始

これまでは閉園してからや、年末の休園時に飼育員さん付き添いの元、同居のテストをしていたそう。激しく喧嘩したりすることもなく、これなら大丈夫だろう……ということで、今年になってから同居が一般公開されたというワケだ。

さっそく見に行ってみたのだが、まだまだ微妙な距離感が……。 「エイタ」の方はマイペースでこれまでと同じように振る舞っているのだが、「ギン」の方が「エイタ」の存在をかなり気にしている様子。というか、困惑しているという感じで「エイタ」の動向をうかがっている。「エイタ」との距離が近づくと「ギン」がさっと避けるような行動をしている。 餌を食べるときだけ上記の写真の様に側に近づく姿を見ることができた。

▼手前が「ギン」で奥が「エイタ」。「エイタ」の動きをじっと見つめる「ギン」
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

飼育員さん曰く「レッサーパンダはこれが普通。発情は徐々に……ではなく、急にやってくる感じ。そしてその時に何回か交尾をしてそれで終わるのです」とのこと。

2年連続のベビー誕生に期待!

まだまだ距離を保っている2頭だが、うまく行けば6月~7月ぐらいに子供が産まれるということだ。ただし、交尾行動をしないこともあるし、したとしても産まれないこともあるとのこと。

▼マイペースに動き回る「エイタ」(左)と「エイタ」をちょっと離れたところから見る「ギン」(右)
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

昨年7月に「ギン」の父親「セイタ」と母親「ココ」の間に「ホクト」という雄レッサーパンダが産まれたので、「エイタ」と「ギン」に子供が授かれば、円山動物園では2年連続でのベビー誕生となる。 現在6頭いる円山動物園のレッサーパンダファミリーが、さらに賑やかになる日を楽しみに待ちたい。

▼昨年誕生したホクト。もう大きな木の高いところにだって登れるのだ
2年連続ベビー誕生なるか?円山のレッサーパンダ ギンとエイタ同居開始

「エイタ」と「ギン」の同居の公開は、現在(1月13日現在)のところ担当飼育員さんが出勤の時のみ。また、天候や個体の調子などで同居させない場合もあるとのこと。 行ったら必ず見られるというわけではないので注意してほしい。 余談だが、夜は別々の場所で寝ているそうだ。

AirBookmark

筆者について

マサ・イシミス

マサ・イシミス

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。