旅する

冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

石簾マサ
Written by 石簾マサ

冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

【札幌市】札幌の中心部から車で50分ほどで行ける「滝野すずらん丘陵公園」は北海道唯一の国営公園。大自然が満喫できるということで知られているこの公園は冬も楽しみがいっぱい。チューブそりやスキーやスノーシューが楽しめるだけでなく、大自然を歩いたり散策したり。人それぞれの楽しみができるのが滝野すずらん公園の魅力だ。今回はそんな同公園の冬の楽しみ方を大きく3つにわけて紹介しよう。(写真上: スキーやチューブすべりを楽しみたいなら東口からが便利)

行って驚く広大な敷地で大自然が満喫できる!!

敷地面積はなんと400ヘクタール(計画面積)。高いところに登って見てみると見渡す限りがこの公園、その広さには驚かされる。広いこの公園を好きなように散策できるっていうのがこの公園の楽しさだ。

▼すずらんの丘展望台からの眺望
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

公園内は、四季の花が楽しめたり遊具で遊べたりする「中心ゾーン」、厚別川に沿って広がる「渓流ゾーン」、森の中で豊かな自然を満喫できる「滝野の森ゾーン(西エリア)」と「滝野の森ゾーン(東エリア)」の4つのゾーンに分かれている。それぞれは繋がっていて、歩くスキーで行ったりスノーシューを使って行くことができる。きちんと整地されている道もあるからトレッキングシューズなどで行くことも可能。ただし、整地されているとはいえ雪はあるので最低でも防水防滴加工された靴ぐらいは準備しておこう。

1.遊具で遊べる「中心ゾーン」で大人も子供もはしゃいじゃおう!!

▼スキーやスノーボードができるゲレンデ。緩やかなので初心者にはバッチリの練習スポットだ
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

「中心ゾーン」では大人も子供も楽しめる雪遊びができる。チューブを使ってのチューブそりやスキーやスノーボード、スノーシューなどで歩き回ることもできるゾーンだ。

▼6レーンあるチューブそりの直線コース
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

200mあるロングコースは国内最大級の長さを誇る。そのスピード感と迫力は圧巻。S字コースもあってそちらは180m、右に左に曲がりくねっているからチューブもぐるぐる回る。遊園地のジェットコースターや急流すべりみたいな楽しさが味わえるってワケ。

▼プールにあるチューブスライダーよりも豪快だ
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

2.厚別川のせせらぎを聞きながら自然を満喫できる「渓流ゾーン」

「渓流ゾーン」はスキーやチューブすべりのある東口より中央口が便利。滝野すずらん丘陵公園の北側に位置している。歩くスキーやスノーシューで西方向に歩いて行けばアシリベツの滝、東方向に歩いて行けば鱒見の滝がある。中でもアシリベツの滝は落差26mあり「日本の滝百選」にも選ばれたほどの名滝だ。12月ぐらいから凍りはじめ氷瀑となるからぜひ見ておきたいスポットだ。

▼アシリベツの滝。取材時は暖かかったため、滝の氷が少し溶けて流れていた。氷の世界を落ちる滝……それもなかなかいい感じであった
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

渓流口のそばには山小屋「ロッジゆきざさ」があり休憩することもできる。ここでも歩くスキーやスノーシューを借りることができる。

▼ロッジゆきざさ。歩き疲れたらここでちょっと休憩だ
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

▼ロッジゆきざきは、薪ストーブでぽっかぽか。寒くなったときにもここで暖を取るといいだろう
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

3.滝野すずらん公園の半分以上の面積を占める広大な森「滝野の森ゾーン」を探検しよう!!

▼滝野の森ゾーンは「東エリア」と「西エリア」分かれている
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

中心ゾーンの東側、南側のほとんどが「滝野の森ゾーン」だ。歩くスキーやスノーシューを使って歩き回ろう。ただし、上級者向けの歩くスキーのコースは全長16kmもあるから、森ゾーンに入るのはちょっと計画を立ててからの方がいいだろう。

▼滝野の森ゾーンの自然の中を歩くスキーで満喫
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

スノーシューを借りれば道なき道もざくざくと歩いて入っていける。「あまり慣れていない人は整地された道をスノーシューで歩いているけど、それは単に疲れるだけ。スノーシューを履くなら深雪の道なき場所を歩いて行った方がいい」とスノーシューを楽しんでいた人に教えていただいた。なるほど。

▼スノーシューで深雪を歩いてみよう
冬は入園料無料!冬の「滝野すずらん丘陵公園」を楽しむ3つの方法

3月31日までのホワイトシーズンは入園料が無料っていう太っ腹設定。スノーシューやチューブそり、プラスチックそりなども無料で貸し出してくれるから楽しめること間違いなし。すべてを楽しもうとしたら1日じゃ足らないほど。大人も子供も楽しめる滝野スノーワールド、じっくりたっぷり遊んでみてはいかがかな。

▼映像で見る冬の滝野すずらん丘陵公園


国営滝野すずらん丘陵公園
札幌市南区滝野247番地
TEL:滝野公園案内所(総合案内、団体利用、落とし物のお問い合わせ) 011-592-3333
開園期間・開園時間:
ホワイトシーズン:12月23日~3月31日 9時~16時
グリーンシーズン:4月20日~11月10日 9時~17時
休園期間:4月1日~4月19日、11月11日~12月22日
入園料金:ホワイトシーズン無料、グリーンシーズン410円
オフィシャルサイト

▼無料貸出と貸出場所
チューブそり:プッチそりコーナー、そりゲレンデ
プラスチックそり:そりゲレンデ(ちびっ子そりコーナー)
スノーシュー:滝野公園案内所、カントリーハウス
双眼鏡:森の交流館
雪遊び用おもちゃ:森の交流館
▼スキーレンタル料金
ゲレンデスキー:大人2,570円、小人(中学生以下)1,540円
歩くスキー:大人820円、小人(中学生以下)510円
▼スキーレンタル場所
ゲレンデスキー:カントリーハウス(レンタルコーナー)
歩くスキー:カントリーハウス(レンタルコーナー)、ロッジゆきざさ

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。