味わう

こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

石簾マサ
Written by 石簾マサ

こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

【札幌市】 自分の住んでいるそばにお気に入りのコーヒーショップがあれば……と思うのは、コーヒー好きなら当然のこと。筆者も札幌に引っ越してきたときに、歩いて行ける場所にお気に入りを見つけようとウロウロしたものだ。そんな時に見つけたのが今回紹介する「SMOOCH COFFEE STAND」(以降、スムーチコーヒースタンド)である。

こだわり感じるオシャレな店内

場所は中島公園の東側。見るからにオシャレ、前を通ってお店を見たらちょっと中を覗いてみたくなる、そんなお店だ。

▼店主のこだわりが感じられる店内
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

入ってみると、なるほどやっぱり。店内も店主のこだわりがすごく感じられる。こういったお店はコーヒーを注文しなくても、きっとおいしいんだろうな、と感じさせてくれる。

コーヒーは店の中で飲むこともできるし、テイクアウトも可能。テイクアウトして目の前の中島公園で景観を眺めながら飲んだり、裏側にある豊平川の岸辺に座って飲んだり、ということもできるからありがたい。

▼外を向いているカウンターに座ると中島公園が見える
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

「アメリカ生まれの北海道ブランド」認知と定着目指して

カリフォルニアに7年ほど住んでいたという店主の斉藤氏は、故郷の旭川に戻り、まず雑貨店をオープン。その後も10年以上、年に4回は買い付けのためにカリフォルニアに行っているという。「ちょうどアメリカではコーヒーの第3次ブームが訪れてまして……最近じゃサードウェーブなんて言っていますが……とにかく美味しいコーヒーが気軽に飲める様になってきたんです。この感じはすごくいいな、ということで2年前にこのお店をオープンしたのです」。

▼店主の斉藤幸浩氏
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

コーヒーは『born in California grown in Hokkaido』(アメリカ生まれの北海道ブランド)と斉藤氏は言う。カリフォルニアに住んでいたときに、サンタクルーズ社と交渉してオリジナルのフレーバーを作ってもらい、それを現在もオリジナルとして販売している。さらに、夏の爽やかさや人との距離感といった北海道の環境がカリフォルニアに似ていることから、このコーヒーを『北海道ブランド』として認知してもらい定着させるのが夢だと語ってくれた。

丁寧に作られるクッキーやスコーンは絶品

▼コーヒーと一緒にスコーンなんていかが?
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

このお店ではスコーンやパウンドケーキ、クッキーなどの軽食も販売されている。中でもクッキーは絶品。カリフォルニアで人気のあるレシピを道産小麦で、1枚1枚、丁寧に職人さんに焼いてもらっているのだそう。ひとつが手のひらサイズあるので、1枚食べればけっこうお腹は満たされる。本当においしいので一度食べてみて。

▼大きなクッキーは道産小麦を利用して焼かれている
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

▼パウンドケーキやサンドイッチなども用意されている
こだわりは味に表れる! 中島公園に面するカフェ SMOOCH COFFEE STAND

おいしいコーヒーを楽しみたい人にはぜひオススメのスムーチコーヒースタンド。お店でゆっくりと楽しむのもよし、テイクアウトして公園などでゆったりするのもよし。自分なりの楽しみ方でこだわりのコーヒーを味わってみては。

SMOOCH COFFEE STAND
札幌市中央区南11条西1丁目4-12 [地図]
TEL:011-569-6696
営業時間:10時~18時(平日)、9時~18時(土日祝)
定休日:月曜日
ウェブサイト

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。