">
">積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

高田愛
Written by 高田愛

【積丹町・余市町】 お天気も最高♪やっぱり日頃の行いがいいから……
ていうか、暑すぎ??30度越えてました

積丹に行ったからには、やはり堪能したい積丹ブルー。
というわけで、水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗ってきました。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

まずは階段を下って、船底の展望室へ。

出発前の景色。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

な、何も見えん……濁った海の中に、かすか~に魚の影が見えるくらい……

「え……ずっとこんなんじゃないよね……?」と不安になる乗客一同(の空気を敏感に察知するわたし。みんな声には出しませんよ、そりゃ。大人だもの)

しかし、船が動き出してしばらくすると!

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

ぎゃー!!見える見える!!海底がめっちゃ見える!!!
岩はもちろん、魚やくらげまで!!
岩にいっぱいくっついてる黒い点はウニです。とんでもない量でした。
積丹って結構辺鄙なとこだから心配してたけど、こんだけのウニが生息してるんなら安泰だな……ウンウン←超余計なお世話

船上からの景色はこんな感じ。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼! 積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

そして、これが本当の「積丹ブルー」だそうです。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

ブルーというより、エメラルドグリーンですね……幻想的な美しさ。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼! カモメさんもいっぱい。
間近を飛んでるのを見れます。
食パンの耳が配られて、それをカモメにあげれたりもします。
度胸のある人は、船から腕を出してあげてました。
カモメさんは、上手にキャッチしたりしなかったりです。
わたしはビビりなので、遠巻きに見てました。
パンの耳ごと、わたしの腕持っていかれたら嫌だもの!(※そんなことは絶対ありません)


約40分の船の旅を満喫した後は、積丹といえばっぱりウニ丼でしょう!!ということで、「柿崎商店 海鮮工房」へ。

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!

ぎゃー!!美味しそう!!ていうか、美味しかった!!!

ウニ丼は時価なので、その日によって値段が違います。この日は、2450円。

白うにか赤うにか選べて、白うにのほうが安いんだけど、ここは奮発して赤いっときましょう。
赤のほうが、味が濃厚です。
たまには贅沢しちゃいましょう。
明日から3日間、ふりかけご飯でもいいじゃない。それくらいの価値がこのウニにはある!

中トロ丼(1750円)も美味しかった……とろけた……

積丹で水中展望船「ニューしゃこたん号」に乗船! 柿崎商店でウニ丼!
↑ウニ丼完食後。なんか卵かけご飯食べた後のどんぶりみたいですよね。

何が言いたいかというと、それくらい色が濃くて味も濃厚なウニだったってことです。
本当はどんぶりにこびりついたウニも舐め取りたかったよね。
でも人目があるから我慢したよね。一人だったら確実にいってたよね。

大満足の日帰り旅でした。
札幌から積丹までは、車で片道2時間弱です。
ぜひこの夏のシーズンを逃さず、おでかけしてみてはいかがでしょうか??


▼水中展望船「ニューしゃこたん号」
積丹町美国町船潤173-5
(tel)0135-44-2455
8:30~16:30
大人(中学生以上)1300円、小人650円

▼柿崎商店 海鮮工房
余市町黒川町7-25
10:00~19:00

筆者について

高田愛

高田愛

浦臼町出身、札幌在住の生粋の道産子ライター。カフェ&ダイニングHoneyKix(ハニーキックス)のUSTREAM番組「つながROCCA@TV」ではMCを担当するほか、小説家としても活動中。「高田愛の推し麺!!」では札幌を中心にイチオシの麺屋を紹介する。