">
">山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

高田愛
Written by 高田愛

【札幌市】 ほんの4、5年前まで、道産子にとって「ドーナツを食べよう!」という言葉はイコール「ミスドに行こう!」と同義でした。デパ地下でも美味しいスイーツ屋さんがひしめき合う中、ショーケースに並ぶのは、当然のようにケーキやチョコレートばかり。そのくらい、北海道には「ドーナツ専門店」が少なかったのです。

それが、今ではどうでしょう。はらドーナッツにふわもち邸、町村農場にD×M…… 札幌のドーナツ市場もここ数年、かなり盛り上がって来ております。


わたしが今回訪れたのは、山の手の住宅街にある「sweets&donuts Do.」。周辺には、ケーキはもちろんパンも美味しい「もりもと」や有名うどん店「寺屋」などもあり、胃袋を刺激されます。

お店の外観はこんな感じ。

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

オレンジのロゴがかわいいですね。お店の扉を開けた瞬間、揚げたてドーナツの甘く優しい香りがふんわり漂ってきます。店内のショーウインドーには、常時約15種類のドーナツが並んでいます。

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!
山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

お値段も110円~150円と手頃。素敵な店内でイートインもできますが、

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

今回はお持ち帰りで。
どん。

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

一口食べられた形跡があるのは、ご愛敬。 最近のドーナツはもっちり、ずっしりといった重量感のあるタイプが主流ですが、こちらのドーナツは外側がサクっと軽い食感、中はふわふわ!

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

ホイップクリームも甘さ控えめでさっぱりとしていて、くどくない。

山の手の「sweet&donuts Do.」でサクッふわっドーナツ!

元々は移動販売からスタートし、今年2月に山の手に店舗をオープンしたばかりだというこちらのお店。

こだわりのドーナツは卵や牛乳、粉に油もすべて厳選した素材で作られています。生地は機械でなく、木ベラで手ごねしているとのこと。手作り感のある味わいに納得です。

子どもの頃、お母さんがこんなドーナツを作れたら友達に自慢できるなあ……というような、優しく、どこか懐かしい味でした。

ところで、正しくは「ドーナツ」なのか「ドーナッツ」なのかという議論については、いずれどこかで。


sweets&donuts Do. 札幌山の手店
 住所:札幌市西区山の手3条7丁目1-41 フロンティア山の手Ⅲ1F
 Tel/fax:011-215-7888
 11:00~20:00(売り切れの場合、早期終了あり)

AirBookmark

筆者について

高田愛

高田愛

浦臼町出身、札幌在住の生粋の道産子ライター。カフェ&ダイニングHoneyKix(ハニーキックス)のUSTREAM番組「つながROCCA@TV」ではMCを担当するほか、小説家としても活動中。「高田愛の推し麺!!」では札幌を中心にイチオシの麺屋を紹介する。