">
">可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」

編集部
Written by 編集部

【札幌市】 社長がひげだから「ひげのパン屋」。そんな面白い名前のパン屋が札幌市手稲区にあると知ってから、気になって気になってしょうがなかったパン屋。場所は手稲区の下手稲通り沿い、札幌運転免許試験場近くにある。三角屋根の木造が目印。駐車場も広いのでわかりやすく行きやすいのがとても良い。

「ひげのパン屋」は実は神奈川県横浜市にもあり、ここ札幌店は2009年5月にオープンした2号店。山小屋のようなイメージがピッタリなのは、「北の国から」の五郎の家をイメージしたからだとか。店内は温かな雰囲気で、製造している厨房も見ることができる。

可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」
可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」
可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」

可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」

可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」

可愛らしいパンが目白押し! 山小屋風「ひげのパン屋」

入り口横のトレイを手に、好きなパンを選んでいく。とにかく種類が豊富で迷う。まず目につくのが、アンパンマン、ドラえもん、うさぎの顔を模したパンたち。子供たちが喜びそうなもので、小さいので子供向けサイズでもある。それぞれ、アンパンマンはアンパン、ドラえもんはチョコパン、うさぎは苺味になっている。チキンを挟んだハンバーガーのようなサンドは結構人気らしい。ふわふわのパンで、甘タレのチキンや野菜をサンドしている。確かにこれは美味しい。

オススメのパンを店員さんに聞いてみると、クリームパンやオリジナルバーガー、そして食パンが人気とのこと。意外とお勧めなのが食パン。この食パンを食べると他の店の食パンを食べられなくなると話すお客さんもいるほどで、4枚カットや5枚カットなど、カット数の希望に応じて提供してくれる。

購入したら、お店の入り口横のテラスで座って焼き立てのうちに食べることもできる。奥には新たに休憩所施設が建設され、その屋根は春になると敷きつめられた芝桜の花が咲きピンク色になる。とにかく楽しいパン屋なので、一度訪れてみるべし。

ゆめ酵母ひげのパン屋 札幌店
住所:札幌市手稲区曙五条2丁目7-25
TEL:011-686-6201
営業時間:8:00~18:00(月曜日定休)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。