"> ">第三モッキリセンターって会館? 娯楽施設? いいえ酒場です – 北海道ファンマガジン
味わう

第三モッキリセンターって会館? 娯楽施設? いいえ酒場です

編集部
Written by 編集部

【札幌市】中央区、創成川イーストの地下鉄東西線バスセンター前駅近くに、その不思議な名称のお店はある。「第三モッキリセンター」。名前だけ聞くと何やら会館のようにも聞こえるが、ここはれっきとした大衆酒場なのである。それも歴史が相当古いのだから驚く。

店主によれば、原点は昭和元年の1926年にさかのぼるという。当初創業者の加藤一実氏が小樽市の酒場「加藤商店」で「角打ち」として創業したが、1950年頃、札幌市に移転オープンした。後に現在の店名にするも、同様の店名を付ける酒場が近隣に増加、あえて「第三」を冠したという。第一モッキリセンターや第二モッキリセンターという店は存在せず、第三モッキリセンターが元祖そのものなのである。

第三モッキリセンターって会館? 娯楽施設? いいえ酒場です 昭和のにおいがするどころか昭和そのものの店内には、大きなコの字カウンターが設置されている。BGMはなし。年配の方々が呑みにくる昼間から営業し、お酒はもちろん、おでん、鍋物、豆腐、漬物、揚げ物系、焼き魚などおつまみも格安で提供する。居心地がよく、こうした雰囲気が好きでやってくる古くからの常連客も多い。

先述の通り、昼間から営業する酒場は札幌市内でも貴重な存在だ。平日は14:00から、土曜は13:00から営業する。店前の軽自動車と軒先に掲げる「正統七十年」ののれんが目印だ。レトロな酒場が好きな方は是非一度訪れていただきたい。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。