"> ">初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕

編集部
Written by 編集部

【札幌市】2013年2月5日、「第64回さっぽろ雪まつり」が開幕した。今年も札幌市中央区大通公園を主会場に、つどーむ会場、すすきの会場の3会場で行われている。直前にプラスの気温と降雨に見舞われたが、雪像自体に特に大きな支障もなく無事開幕となった。

大通公園には5tトラックで3,500台の雪が持ち込まれた。節電への取り組みが注目されたが、つどーむ会場では雪まつり会場に係る使用電力のほぼすべてを自家発電、大通会場では、9、11、12丁目に発電機を設置して自家発電を行った。


初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 今回の雪まつりで特に注目を集めたのが、「プロジェクションマッピング」であった。5丁目「環境ひろば」豊平館にて、その取り組みは行われたが、これは「創造都市さっぽろ」の取り組みの一環。音楽と光のアート映像を雪像面をスクリーンに見立てて投影するもので、大雪像にこれを行うのは世界初の試みとなった。前日の試験投影、初日の17:00以降の投影では、多くの来場者が詰めかけ身動きがとれないほどとなったが、5分程度の投影が終わると拍手喝采となり、来場者は概ね満足げであった。



初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕

初のプロジェクションマッピングに拍手喝采! 第64回さっぽろ雪まつり開幕 今回のその他の大雪像は、5丁目会場に台湾の中正記念堂、7丁目はタイのワット・ベンチャマボピット、8丁目会場は歌舞伎座、10丁目には二度目の登場となるちびまる子ちゃんが設置されている。「アウディ」の車の雪像でもプロジェクションマッピングが行われている。すすきの会場では、NHK大河ドラマ「八重の桜」の氷像が注目を集めていた。

毎年恒例となりつつある初音ミクの雪像は今年も設置されている。クリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、雪まつり開催に合わせて雪ミクをモチーフとした雪像展示や、サッポロファクトリーホールを中心とした札幌市内各所や新千歳空港にて、各種イベント開催、グッズ販売を展開するイベント「SNOW MIKU 2013」を開催している。札幌市電では雪ミク特別車両「雪ミク電車」が今年も運行。北海道庁旧本庁舎1階では、初音ミクのイラスト画展示も行われている。

さっぽろ雪まつりは、2013年2月5日~11日まで。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。