"> ">10年ぶりのお色直し中! 工事完了まで1カ月のさっぽろテレビ塔 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

10年ぶりのお色直し中! 工事完了まで1カ月のさっぽろテレビ塔

【札幌市】 札幌市中央区大通公園のシンボル的存在、さっぽろテレビ塔が10年に一度のお色直し中だ。2013年3月始めに始まった塗装工事は6月15日に終了予定で、若干色味が変わったさっぽろテレビ塔を見ることができそうだ。

さっぽろテレビ塔(高さ147.2m)はこれまで7回大がかりに塗り替えられている。直近では2002年に塗り替えしたのが最後で、今回は約10年ぶり。1957年の竣工当時は白色に近い色で塗られていたが、汚れが目立つため、1963年に鉄塔部分を現在の色に近い赤い色のテレビ塔とした。1969年に鉄塔部分は現在の「クラウディレッド」になり、より赤色の深みが増したという。以来、さっぽろテレビ塔は赤色の鉄塔部分と緑色の展望部分・建物部分として札幌市民の間で定着している。

8回目の大掛かりな塗り替え工事となる今回は、赤色以外の候補(白色・ライラック)もあり市民の間で大きな話題となった。結局、札幌市へ届け出する色は、現在とほぼ同じ色合いとなることが決定した。鉄塔部分はほぼ変わらないが、展望階部分は青みがかった緑である「海松藍(みるあい)色」となる。

工事期間中はテレビ塔全体が飛散防止の網で覆われた。これに伴い、一定期間、ライトアップ中止や展望台休業も生じた。順次覆いが外されてきており、展望階部分の緑色が先にお目見えとなった。10年ぶりに色合いの変わったテレビ塔。皆さんの感想はいかがだろうか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。