"> ">一番人気は絶品アップルパイ! 岩見沢郊外に突如誕生した「Haa-mo(はぁーも)」 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

一番人気は絶品アップルパイ! 岩見沢郊外に突如誕生した「Haa-mo(はぁーも)」

編集部
Written by 編集部

【岩見沢市】 岩見沢市は実は果樹園の町でもある。栗沢町美流渡・万字へ続く道道38号線(道道夕張岩見沢線)沿いには、リンゴを中心とした果樹農家がひしめく。その道道沿いに2012年、突然、黄色いプレハブのような小さな小屋が出現した。小さい店構えながらも、丸いアップルパイが絶品と、オープン直後から地元で話題となっている。

場所は、上志文にある萩の山スキー場から夕張方向へ400mほど向かった右手。田園風景が広がる中に、ポツンと黄色い小屋が見えてくる。壁面には「アップルパイ/フルーツタルト」と赤い文字で書かれている。店舗名は「haa-mo」。「はぁーも」と読むかわいらしい店舗だ。

一番人気は絶品アップルパイ! 岩見沢郊外に突如誕生した「Haa-mo(はぁーも)」 同店は店構えは小さいが、手作りのアップルパイ、いちごタルト、シュークリーム、シフォンケーキを販売している。使用するフルーツは地元果樹園の季節のものを使用するので新鮮だ。そして、どれもお手頃価格。丸い形をしたアップルパイは200円、いちごタルトは200円、シュークリームは100円、シフォンケーキは300円だ。このお値段で美味しいのだからたまらない。

一番人気は絶品アップルパイ! 岩見沢郊外に突如誕生した「Haa-mo(はぁーも)」 一番人気は「アップルパイ」。半球状の丸い形をしているのが特徴で、それに合わせ独特の包み方をしているのがかわいらしい。パイはサクサク、中のリンゴは甘さ控えめで、あっさり、わずかながらにリンゴの食感を楽しめる。一口食べるとふわっと柔らかいことが分かる。あっという間に完食、絶品だった。このアップルパイだけを求めて通っている人もいるというが、人気なのもわかる気がする。

haa-moは2012年春頃に、「いつの間にか」オープンした。当初は週末(土日)・9:00~16:00営業だった。冬季は店舗を一時クローズし、2013年4月に再びオープン。火・水曜日を定休日、営業時間を10:00~16:00とした。また、アップルパイの価格は当初一つ180円だったが200円に改めた。基本的には若い女性が店番しているが、夏休みなどには小さな子供が店舗で手伝いをするなどアットホームな光景も見受けられた。

同店ではホールケーキやタルトの予約注文も受け付ける(詳しくは店舗に置かれているチラシに記載の携帯番号へ連絡のこと)。商品がなくなり次第閉店するし人気商品は早めになくなる可能性があるので、閉店時間ぎりぎりには行かないほうがいいだろう。店前にはベンチも置かれているので、晴れた日にはその場で食べることも可能だ。是非、haa-moの絶品アップルパイを食べてみていただきたい。


大きな地図で見る

▼Fresh&Sweets「haa-mo(はぁーも)」Sweets of the orcard
住所:岩見沢市上志文923-1
電話番号:携帯電話のため非公開
営業時間:火・水曜日定休、10:00~16:00(なくなり次第閉店)
駐車場:特になし
※2013年5月現在。営業時間や定休日は変わることがあります

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。