トピックス

冬の金魚はいかが? 照明・映像で魅せる『アートアクアリウム展』が人気!

美裡紫
Written by 美裡紫

冬の金魚はいかが? 照明・映像で魅せる『アートアクアリウム展』が人気! 【札幌市】 東京で50万人が感動したという、あの大人気金魚展『アートアクアリウム展』が札幌ファクトリーを舞台に北海道初上陸!もちろん札幌でも既に大勢の人たちが日々足を運んでいるようで、休日には長蛇の列で人気は留まることを知らない。

冬の金魚はいかが? 照明・映像で魅せる『アートアクアリウム展』が人気! 「アートアクアリウム」とは、さまざまなデザインをした水槽と色鮮やかな照明、そして映像をも使ったうえで生体(金魚)とのコラボレーションでの美を作り出すアートアクアリスト第一人者と呼ばれるプロデューサー木村英智が魅せる芸術作品のこと。会場内ではリズミカルなBGMを流して、聴覚含め、今までの金魚のイメージとはちょっと違った気分で鑑賞することができる。

金魚は元々、古き時代より愛玩動物の代表として日本で好まれてきた。夏には見ているだけで涼やかな気分になれることから今でも金魚すくいが風物詩として存在しているくらい。それほど金魚は皆に愛され、見ていて何らかの芸術性を感じさせる動物だったということのよう。そんな金魚だからこそ、ここまで偉大にここまできらびやかな演出で「アート作品」として成り立つのであろう。

冬の金魚はいかが? 照明・映像で魅せる『アートアクアリウム展』が人気! 冬の金魚はいかが? 照明・映像で魅せる『アートアクアリウム展』が人気!

数多くの品種をそれ毎の水槽に泳がせていて、覗くと万華鏡のように金魚を見ることができる水槽、屏風の表面を金魚が泳いでいるかのように魅せる水槽、そして一番の見物・巨大金魚鉢では数十秒おきに色が変わるイルミネーションで観客を魅了させてくれる。さまざまな水槽があるように、さまざまな状況でさまざまな角度から優雅に泳ぐ金魚の姿を見ることができるので何巡しても退屈はしないくらい。そして夜には「ナイトアクアリウム」と称し昼間とは違う照明と音楽でアルコールを楽しみながら鑑賞することができ、週末にはDJイベントも催されにぎわいで溢れている。

金魚というと夏のイメージが大きいが、冬の金魚もなかなか乙なもの。雪降り積もる北海道の冬にアートアクアリウムで金魚を見て気持ちだけでも暖かくなってみるのはいかが?

アートアクアリウム展 ~札幌・金魚の灯~
期間:2013年11月30日(土)-2014年1月19日(日)
時間:
月-木曜日/10:00-22:00(最終入場 21:30)
金・土曜日/10:00-23:00(最終入場 22:30)
日曜日/10:00-20:00(最終入場 19:30)
※ナイトアクアリウムは18:00-
会場:サッポロファクトリー 1条館1F 特設会場
住所:札幌市中央区北2条東4丁目
料金:一般 1,000円/小中学生 600円/小学生未満 無料
※ナイトアクアリウムではドリンク代別
ホームページ

筆者について

美裡紫

美裡紫

1981年7月2日北海道生まれのライター・エッセイスト。「美裡紫の発掘☆オホーツク」では主にオホーツク管内の旬の情報を発信している。これまでに道東圏タウン情報誌『CAM’S北見』でのエッセイ連載をはじめ、モデル活動や各地カフェにてフォトギャラリーを開催している。趣味は写真・創作関係。