トピックス

岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転 【岩見沢市】 岩見沢駅前通の再整備工事に伴い、駅前通が変貌を遂げている。アーケード街の印象が強かった駅前通は、旧来の建物が取り壊される一方で新築の建物が続々建築されている。その中には、天狗まんじゅう本舗など岩見沢名物を販売する老舗店舗も含まれている。ここでは、駅前通再開発に伴って閉店・移転した店舗の幾つかを取り上げる。
写真:かつての駅前ビル


岩見沢駅前通の再整備は、岩見沢駅前の一条通りから4条通りまでの3区画分270m。歩道を2mずつ広げ街路樹を植樹する計画だ。道路拡張工事に向けて、アーケードが順次撤去されており、道路脇の建物は順次取り壊しや建て替え工事が進んでいる。

▼解体が進む駅前ビルと駅前通り。一部アーケードも残る
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

▼写真:駅前ビルにあった天狗まんじゅう本舗
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転 駅前にあった3階建ての「駅前ビル」も2014年3月20日以降、足場が組まれ取り壊し作業に入った。1958年に建築された歴史あるビルには、「小もろそば」「天狗まんじゅう」を始め理髪店や手芸店なども入居していたが、閉店や移転となる。

そば・うどんを始めゲソ丼などの丼物が300円台と、安くて美味しい店として市民に親しまれてきた、1966年頃創業の老舗そば屋「小もろそば」は、2014年2月に惜しまれつつ閉店。

1954年創業の岩見沢名物「天狗まんじゅう」は2014年3月25日に旧店舗での営業を終了し、同じく駅前通り沿いの2条西6丁目に完成した新築店舗で3月31日に営業を再開した。新店舗は赤い三角屋根の可愛らしいお店で、イートインスペースも設け広々とした店内になった。また、お茶を自由に飲めるようになった。

▼新店舗で営業再開した天狗まんじゅう
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

▼天狗まんじゅうの人気商品の一つ。開店祝いの花も
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転 岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

駅前ビルに入居していた「ヘアーコレクション・イン・ジャパン」は、同じく駅前通り沿い2条西5丁目の新築店舗に移転し、2014年4月2日にグランドオープンした。

▼新店舗のジャパンヘアの一角
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

1924年創業の老舗豆腐店「だるま屋商店」も2013年12月20日に隣接地にレンガ造りの工場兼店舗の建物を新築し移転オープン。

▼新店舗のだるま屋商店
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

4条通りとの交差点付近にあった「おやきの菊水堂」は2013年4月2日、3条西3丁目に移転しオープンした。新店舗にはイートインスペースも完備。あんこ、クリーム、チョコレート、チーズに加え、若者に根強い人気のお好み(お好み焼き=炒めタマネギ・ベーコン・紅ショウガ・マヨネーズ入)も健在。

▼新店舗のおやきの菊水堂
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

▼旧店舗のおやきの菊水堂、新店舗で焼きあがるおやき
岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転 岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

この一年間で大きく景観が変わってしまった岩見沢駅前通り。まだアーケードが一部残されているが、今後も再整備が進められ、やがて広々とした駅前通になる予定。人気店舗は次々移転しているので行く際は場所にご注意を。

▼まだ取り壊されていない建物では、これまで表からは見ることのできなかった建物裏の古いレンガ造りの建築物なども見ることができている。

岩見沢駅前通が様変わり中! 菊水堂や天狗まんじゅうなど続々移転

天狗まんじゅう本舗:駅前ビル → 2条西6
おやきの菊水堂:4条西5 → 3条西3
だるま屋商店:2条西5、ほぼ変わらず
小もろそば:閉店

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。