味わう

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 【月形町】 月形町の「ふぁーむまーと旬」が、地元特産品トマトを使ったトマト風味のたこ焼き「月形とま太郎たこ焼き」を考案し売り出している。他では見かけない珍しいたこ焼きで、月形新名物にしたいと意気込む。同店では他にも、地元産品を使った自家製オリジナルスイーツやアイスを販売しているほか、まちの駅として人と人との交流が生まれる場所でもあった。
※写真:店舗外観。ビニールハウスにトマトマークが目印

月形特産品が集まる「ふぁーむまーと旬」

「ふぁーむまーと旬」は、月形町中心部の皆楽公園入口近くに立地する。米や野菜など月形町産の生産物を集め販売するほか、町のキャラクター・ベルデくんのグッズ、地酒「樺戸監獄」、トマトドレッシング・トマトジャム・トマトピューレなどトマト関連商品、自家製プリン、アイスやシャーベットも取り揃える。

▼写真:店内。ここに来れば月形町の意外な特産品を知ることも可能
新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

生地にもソースにも自家製トマトジュースが入ったトマトたこ焼き

中でも注目したいのが「月形とま太郎たこ焼き」だ。道産小麦・タコ・青ネギ・揚げ玉を使った生地に自家製トマトジュースを加え、さらに、焼きあがった後にかけるたこ焼きソースにもトマトジュースをブレンド。最後にマヨネーズ、粉チーズ、パセリ・オレガノ・バジルの3種類のハーブをトッピングし、イタリアン風に仕上げる。8玉入り350円。

店長の寺地芽生さんによると、同店に勤務していたスタッフがたこ焼きを作っていた経験をいかし、月形町産のトマトを使ってたこ焼きができないかと2012年に考案した。ハーブやソースの配合など試行錯誤を繰り返し、トマトの風味や酸味が感じられる唯一無二の洋風たこ焼きが完成したという。

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

田巻牧場産の新鮮な牛乳をあらゆる月形産スイーツに

『乳製品とトマトは意外にも相性抜群』といい、同店では、月形町特産品のトマトを使ったスイーツも販売している。無添加・手作りの「とま太郎の白いプリン」は、町内の田巻牧場で生産される濃厚な低温殺菌乳をたっぷり使ったパンナコッタに、月形町産桃太郎トマトのジャムをかけて食べる新感覚プリン。1個250円で販売する。

▼トマトジャムをかけて食べる「とま太郎の白いプリン」
新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

▼「おつきさまプリン」と「とま太郎の白いプリン」
新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

田巻牧場の牛乳を使ったスイーツとしては他に「おつきさまプリン」がある。町内の有朋の丘産の有精卵ゆめたまご(生産中止に伴い別のものに切り替え予定)と田巻牧場の低温殺菌乳など、4種類の材料だけでシンプルに作る昔ながらの焼きプリンだ。同じく250円で販売している。

新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 一方、人気商品の一つアイスクリームは、バニラ・チョコレート・抹茶・モカ・ラムレーズンの5種類を提供する。これもやはり田巻牧場の牛乳を使った無添加・手作りアイスで、250円で販売する。プリンやアイスクリームで使っている田巻牧場の搾りたての牛乳は、1杯180ccを100円で販売しており、甘くて濃厚な美味しい牛乳の味わいを楽しめるとあって、この牛乳目当てで来る客もいるという。

▼5種類のアイスクリームを販売。▼右:田巻牧場の新鮮牛乳1杯100円
新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」 新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

人と人との交流の場・まちの駅「ふぁーむまーと旬」

▼写真:店は変わってきたけど『あんたは変わんないね!』といわれるのが嬉しいと話す寺地芽生さん
新名物『トマトのたこ焼き』はいかが?月形で交流育む「ふぁーむまーと旬」

ふぁーむまーと旬は、2006年に前身となるお店がオープンし、2014年現在で約8年営業している。現在の店は『無添加の食材の店を作りたい』と考えていた 寺地さんの父親の幼馴染が当地で営業を始めたという経緯もあり、現在もそのスタイルを踏襲して新鮮な地元食材や無添加にこだわる。

また、「まちの駅つきがた」として、用がすんだら帰らないといけないわけではなく、人と人とが会う交流の場としての役目も担う。地元の人はもちろん、通りすがりの人も立ち寄っては、ゆっくりと会話を楽しんでいく。

月形町は国道275号線が通っているが、大きな観光地もなく残念ながら通過する町になっているのが実情。寺地さんは『トマトのたこ焼き、アイス、プリン、牛乳など、どれか一つの商品を気に入ってもらえて、それ目当てに来てもらえる町、立ち止まってもらえる町にしていきたい』と、町の活性化も願っている。

まちの駅つきがた「ふぁーむまーと旬」
月形町北農場1(ドーム型レストラン北喜常の横のビニールハウス) [地図]
TEL0126-53-2625
冬期(10~4月)10:00~17:00、夏期は9:00~18:00、木曜定休。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。