トピックス

春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

編集部
Written by 編集部

春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

【札幌市】 ねむろ水産物普及推進協議会・まるごと根室は、2014年6月5日・6日両日、北海道庁赤れんが庁舎前で「ねむろ産直ときしらず祭り」を開催している。春の旬である「ときしらず」を炭火焼やあら汁としてお手頃価格で提供する。

まるごと根室では、これまで根室を代表する海の幸・さんまのイベントを毎年秋に開催してきたが、2014年は初めて春にときしらずのPRイベントを開催することとなった。

▼時鮭。出漁する漁船と水揚げされる鮭
春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント 春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

ときしらずは、春に漁獲される鮭や鱒。通常秋に漁獲される秋鮭(あきあじ)とは異なり、産卵期を勘違いし春に川に上ってきた若い鮭をこう呼ぶ。春に漁獲される鮭は、生まれ故郷の河川に帰る長旅に備えて大海原を回遊している途中であり、餌をたくさん食べて栄養を蓄えているという。かつては漁業の技術が発達していなかったため珍しい魚だったが、沖合いで漁獲することができるようになった。とはいえ、鮭児(けいじ)に並ぶ幻の白鮭として希少で、ファンは多い。

▼イベント会場
春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント 春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント

ときしらずの特徴は、若いだけあって脂のノリが秋鮭以上。同イベントでは、この今時期しか食べられない根室産白鮭ときしらずを、炭火焼として2000食限定(一切れ300円)で、また、あら汁を1杯200円で提供するほか、根室特産品やおにぎりも販売する。春が旬の絶品ときしらずは今時期しか味わえない。YOSAKOIソーラン祭りと合わせて、是非味わっていただきたい。

春の鮭「ときしらず」が手頃に食べられる! 赤れんが庁舎前でイベント


ねむろ産直ときしらず祭り
2014/6/5(木)10:00~18:00
2014/6/6(金)10:00~17:00
北海道庁赤れんが庁舎前庭会場

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。