味わう

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」

編集部
Written by 編集部

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」

【札幌市】新感覚ラーメン「べじそば」をご存じでしょうか。野菜を多く使った「ベジタブルな中華そば」であり、女性に嬉しいヘルシーさがウリです。札幌市中央区、東本願寺前電停の目の前にある「ななつき」では、札幌ではまだまだ数少ない健康志向の「べじそば」が食べられるとあって、連日多くの女性客が訪れています。

鶏肉×野菜。濃厚な鶏白湯に厳選野菜をブレンドしたこだわりの一杯

同店は2013年12月10日にオープン。木目調で居心地の良い店内です。基本メニューは「べじそば」「べじそば赤」「鶏白湯」「北海道味噌」の4種類。券売機で好きなラーメンを選んだら、長芋、豆、かぼちゃ、アボカド、舞茸など好きなトッピングを選び、自分だけの『豪華な一杯』にできます。

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」
ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」
ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」

「べじそば」は、上から見ると満月を見ているかのような美しい黄色のスープが印象的です。そのスープは、北海道産の厳選された鶏ネックを使い、厳選野菜をブレンドした濃厚な鶏白湯(とりぱいたん)。とろみがあって濃厚ながら、体に染み込んでいくような味わいです。出汁の風味とバターの風味が一気に口の中に広がり、鶏白湯の濃厚さを保ったまま、じんわりお腹の中に広がっていきます。

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」
ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」
ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」

麺については、札幌ラーメンの麺は一般に黄色くて太い縮れ麺を想像しますが、「べじそば」は白くツルツルした細めの麺を使用。さがみや製麺の弾力ある麺で、あまり縮れていないのにスープとよく絡んでくるのが特長です。

チャーシューは鶏肉だけを使っていて、しかも、もも肉ではなくむね肉。真空低温調理して鶏の旨みを閉じ込め、特製だれで味付けしたしっとり食感のチャーシューで、ここのチャーシューを食べると鶏むね肉のイメージが変わること間違いなしです。

野菜をたくさん使うから油っぽくない!無添加ヘルシーで優しい美味しさ

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」 一般的にラーメンは油っこいものです。しかし「べじそば」のスープは、鶏肉と野菜を使い無添加。野菜をふんだんに使うため、野菜本来の甘みが染み渡り、においと風味に関しては一般的なラーメンとは違いが出ます。トッピングも同様で、まるでサラダを食べているかような感覚で食べられるのが、健康志向の強い女性には嬉しいポイントです。同店の佐々木義仁店長は、「気持ち悪くならず、のどがかわかずに、最後まで食べられる」と太鼓判を押します。

同店では素材の産地にもこだわりをみせます。「北海道といえば海産物が強いイメージだけど、野菜もおいしい。だから北海道産野菜を売り出したい」という構想のもと新感覚ラーメンを開発。スープはすべて北海道産で、トッピングも時期によりますが、できるだけ北海道産にしているといいます。ちなみに取材時には真狩村産野菜を使っていました。

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」

本稿では「べじそば」を中心に紹介してきましたが、万能ネギ、ゴボウ、角切りチャーシューが乗り、同じくとろみあるスープが麺に絡む「味噌」もオススメ。北海道産小麦ゆめちから100%で生み出したななつき独自の麺と、北海道産100%にこだわった味噌で仕立てた自慢のスープを無添加で仕上げた、同店人気メニューの一つです。

最近では全国的観光情報誌にも載ることが増え、全国からも同店を目当てにやってくる観光客も。オープン以来、人気は着実にうなぎのぼりです。佐々木店長は、「『べじそば』は他では味わえない、想像できない味わい。一度食べて、北海道の野菜がおいしいと感じてほしい」と話します。体に優しい健康志向の中華そば「べじそば」はまた食べたくなる美味しさ。是非味わってみてください。

ヘルシーなラーメン『べじそば』はいかが?女性に人気の「ななつき」


べじそば ななつき
札幌市中央区南7条西6丁目7-1 第七北海ビル1F
営業時間:11:30~16:00、18:00~21:00、ラストオーダー特になし、毎週月曜日定休
TEL:011-213-0201
公式ウェブサイト
モデル・リポート:脇田唯

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。