トピックス

初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

鈴木麻代
Written by 鈴木麻代

初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

まもなく楽しいクリスマス。今年は手作りの贈り物にチャレンジしたいというアナタ。札幌にあるクレイクラフト「アリアンナ」で、初めてでも楽しい「バラのクレイクラフト体験レッスン」はいかがですか。同教室主宰で、DECOクラフトアカデミー認定講師・ホームメイド協会シュガークラフト講師 金谷早苗さんの1DAY講座を体験レポートします。

今回、体験するのはリラクセーションサロンに勤務するリフレクソロジスト鈴木あかりさん(22歳)。市内のイベントで、金谷さんの作品を見て、一度、作ってみたかったといいます。

▼わたしも先生の作品のように美しいバラが作れるといいな
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

クレイクラフトは手のひらで作ります。そのため「手のひらで生まれ、手のひらで咲く花」とも。あかりさんの手のひらでどんな花が咲くのか楽しみですね。

▼「クレイの感触が気持ちいいです」とあかりさん。「さすが、指先を使われるお仕事のされている人ですね。とても上手です」と金谷さん
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

▼葉やリボンなどを入れてできあがり。お持ち帰り用の袋に入れてもらるので、ギフトに
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

▼同じ材料で作っているのに、仕上がりはそれぞれです。ラベンダー色のバラができましたね
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

金谷早苗さんは元JALでキャビンアテンダントをしていた人。ロンドン出張のとき、イギリスの伝統工芸であるシュガークラフトを見て、繊細な作品に感動を覚えたのがはじまりでした。ただ、日本はロンドンに比べて湿度が高いため、シュガークラフトが変色してしまうのです。美しい色を長く楽しめる方法はないかと模索しました。そこで、シュガークラフトとクレイクラフトを合わせたオリジナルの講座を創りあげたのです。

繊細さの中に、凛とした筋のある金谷さんの生き方は、まるでバラの花「アリアンナ」のよう。 「ご自身の趣味としてはもちろん、花嫁さんが結婚式のウェルカムフレームやリングピローを作ったり、出産祝いにベビー用のフォトフレームを作りにいらっしゃる人も……。物があふれ、ワンクリックで手に入る時代だからこそ、手をかけて作りあげる喜びをより一層味わえるのではないでしょうか」と金谷さん。受講生の良いところをみつけて声をかけるなど、思いやりがあふれており、子どもから大人まで幅広い年齢層に人気の講師です。作る楽しみ、飾る喜び、贈る幸せを一緒に味わってみませんか。

▼1DAYや2DAYでレッスンでできるいろいろ、気軽にご相談を
初めてでも楽しい!手のひらで作るバラのクレイクラフトに挑戦!

※バラの体験レッスンは1回2時間3,000円(材料費込)

クレイクラフト教室
ものづくりオフィスSHARE(札幌市中央区北2条東1丁目3-3)
問い合わせ・申し込み
080-5596-8551 / sunnybobie@aol.com
※札幌大通りクレイクラフト・クレイフラワーアリアンナで検索
ブログ

筆者について

鈴木麻代

鈴木麻代

1970年生まれ。フリーライター。26歳の時に函館で地域情報紙のフリーライターとしてデビュー。全国版観光旅行誌、田舎暮らしの本他、様々な機会に恵まれる。仕事に子育て、ボランティアと多忙を極め一抹の不安を感じてたある日、ガンにかかる。自分に合う生き方・働き方へチェンジを試み、42歳で離婚し札幌へ。北海道ファンマガジンの情報をもとに札幌めぐりを楽しむうち、2015年7月よりライターとして関わる。一眼レフを片手に執筆ジャンルは幅広く、単独取材~ロケハン同行取材もこなすグリーンレモンな人と言われる。プロフィールの続きは鈴木麻代WEBで検索を。