味わう

41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

鈴木麻代
Written by 鈴木麻代

41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

2016年2月、オープンから16年目を迎え、札幌東区から中央区狸小路ナナイロビルに移転リニューアルした「紅茶専門店ディコヤ」。新鮮な紅茶と道産食材を用いた紅茶に合うスイーツを堪能できる1軒です。

専門店ならでは! 全41種類がズラリ勢ぞろい!

ナナイロビル4階について、エレベーターの扉が開くと、紅茶の香りと、ワッフルやスコーンなどスイーツがこんがりと焼きあがる芳ばしい匂いに食欲がそそられます。 クラシック音楽の流れるティーサロンは、こぢんまりしているのに開放感があり、ほっとくつろぐ空間です。

紅茶メニューは専門店ならではのバリエーションで、ストレートティーやミルクティー、スパイス・ハーブのアレンジティーからアイスティーまで全部で41種類とズラリ勢ぞろいしています。

▼ルフナ
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

ストレートティーはスリランカ産、中国産、インド産など全部で10種類あります。 スリランカ産セイロンストレートティーはディンブラやキャンディ、ルフナ、ウバ、ヌワラエリア、ジェームズティラーズなど。茶葉は4ヶ月毎に仕入れており、新鮮で高品質の紅茶を味わえます。

中国産はキーマンやラプサンスーチョン、ベルガモットの香りが引き立つアールグレイが並びます。インド産はゴールデンアッサム(時期によってはダージリン)です。

▼シナモンミルクティーではティースプーンの代わりにシナモンスティックが付きます
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

ミルクティーは英国スタイルで味わうイングリッシュミルクティーと、手鍋で煮だすチャイ風があります。チャイ風はインディアンミルクティーやシナモンミルクティー、ジンジャーミルクティー、マサラミルクティーなど全部で12種類と豊富に揃い、何度来てもあきずに楽しめます。紅茶の味に影響するミルクは、札幌近郊で生産された新鮮な生乳を低温殺菌したサツラクのこだわり牛乳を使用。コクのある北海道らしい風味のミルクティーを楽しめます。

スパイス・ハーブティーは全部で6種類。女子に人気はビタミンCが豊富で美肌にうれしいローズヒップ・レモングラスティーです。他にはカモミールティー、カルダモンティーなどもあります。いろいろ試してお好みの紅茶を見つけてくださいね。

アイスティーも13種類と豊富にラインアップ。なかでもアイススパークリングティーは炭酸の効いた紅茶で、春から夏にかけて爽やかに味わえます。

北海道産にこだわった、紅茶に合うスイーツ

▼スコーン
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

次は紅茶に合うスイーツをご紹介。北海道の大地で育った食材を100%使用して焼きあげるしっとりとした食感のスコーンです。江別産の高品質な小麦を100%使用、サツラクの低温殺菌こだわり牛乳、石狩産の平飼いの有精卵・イコロランを用いて、ひとつひとつ手作りしています。

▼クリームティーセット
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

クリームティーセットなら、ティーポットに入ったイングリッシュミルクティーとスコーンが2個ついて1,150円です。

注文を受けてから焼き上げるオリジナルワッフルにも、サツラクのこだわり牛乳や、イコロラン、道産のバターで作られているもの。今後はベーキングパウダーも無添加のものに変えるなど、おいしさへの追求に余念がありません。ワッフルは全部で10種類。定番メニューは紅茶のシロップがたっぷり付く甘いティーワッフルやスイートワッフル、シナモンワッフルなど。また、小倉クリームワッフルやバニラアイスクリームシナモンチョコワッフルなど、食べごたえも抜群のワッフルも提供しており、ランチタイムに利用する人の姿も見られます。

▼小倉クリームワッフル(830円)
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

ワッフルセットなら定番ワッフルと紅茶がついて1,150円です。アイスティー以外はどれもティーポットにおかわり分までたっぷり入っているので、女子同士のおしゃべりタイムにも、ゆっくり読書をしたい人にもピッタリです。

いつも変わらぬ味を提供してくれる安心感

ところで、ティーマスターの塚本康博さんに紅茶を提供する際に大切にしていることを尋ねてみました。 「おいしく入れる努力は店として当然のことですが、とりわけ、ゴールデンルールを守って基本通りに入れることを大切にしています」とのこと。確かに、紅茶専門店ディコヤは何年通っても、いつも変わらぬ味で提供してくれる安心感があり、この言葉にもうなづけます。

店頭では紅茶やスコーンの販売コーナーもあるので、ぜひ、ショッピングもお楽しみください。茶葉は20グラム540円~、マイボトルやオフィスでも使いやすいティーパックは1個70円~。スコーンは1個180円です。どの紅茶を買うとよいかわからないという人は、 ティーマスター塚本さんに気軽に尋ねて見てくださいね。

▼「ミルクティーにはどの紅茶を使うとよいですか?」「個性的な味で楽しめるウバもおすすめです」。シーンにあった紅茶選びをサポートするティーマスター塚本さん
41種の新鮮な紅茶がズラリ勢ぞろい!狸小路の「紅茶専門店ディコヤ」

<紅茶教室も随時開催>
19:00~1時間程度(テキストと試飲の紅茶付き)
受講料は2,000円前後。 予約が必要なので、お問い合わせください。

茶葉やスコーンは通販サイトからインターネットでのご注文もできます。

紅茶専門店ディコヤ
所在地:札幌市中央区南2条西4丁目1 札幌ナナイロビル4階 TEL:011-211-1930
営業時間:10:30~19:00(ラストオーダー18:20)
定休日:無
席数:10席

筆者について

鈴木麻代

鈴木麻代

1970年生まれ。フリーライター。26歳の時に函館で地域情報紙のフリーライターとしてデビュー。全国版観光旅行誌、田舎暮らしの本他、様々な機会に恵まれる。仕事に子育て、ボランティアと多忙を極め一抹の不安を感じてたある日、ガンにかかる。自分に合う生き方・働き方へチェンジを試み、42歳で離婚し札幌へ。北海道ファンマガジンの情報をもとに札幌めぐりを楽しむうち、2015年7月よりライターとして関わる。一眼レフを片手に執筆ジャンルは幅広く、単独取材~ロケハン同行取材もこなすグリーンレモンな人と言われる。プロフィールの続きは鈴木麻代WEBで検索を。