トピックス

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

石簾マサ
Written by 石簾マサ

今回からはじまる「札幌市円山動物園×北海道ファンマガジン コラボ企画『ファンマガ的 円山動物園だより』」

月1回の連載で、月はじめに札幌にある円山動物園の情報をお送りします。動物紹介、前月にあったこと、今月の予定、ショップ情報の豪華4部構成で今の円山動物園を紹介していきます。記事の最後に円山動物園マップを掲載し、紹介した動物や施設の場所をマップでも紹介します。

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

今月の動物紹介は「ユキヒョウ」

今月の動物はユキヒョウです。ネコ科の動物で英名をSnow Leopardと言います。 ユキヒョウは全身が灰色~白色の美しい毛で覆われているため、毛皮を狙った狩猟により個体数が激減し、絶滅の危機に瀕しています(開発のため住む場所が減ってきていることも理由のひとつです)。野生のユキヒョウは、ヒマラヤなど2,000m~6,000mの高山で生活しており、ヒツジやヤギ、シカの仲間やネズミ、小鳥類を捕らえて生活しています。生息している国は、インド、ネパール、パキスタン、ロシアなど。 ワシントン条約付属書1類で国際血統登録がなされており、世界の220の動物園で、約600頭が飼育されています(日本では11の動物園で20頭が飼育されています)。 (円山動物園ホームページより)

現在、円山動物園ではアクバル、リーベ、シジムの3頭が飼育されています。→動物園マップ:⑤

アクバル

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

2005年6月7日に多摩動物公園生まれたオス。他のユキヒョウに比べておとなしいのが特徴。しかし、バックヤードにいる時に飼育員さんが檻の横を通ると獲物を捕る態勢になることもあるのだそう。リーベとペアで、これまでヤマトとユッコとリアンの3頭の赤ちゃんが円山動物園で生まれています。ヤマト(オス)とユッコ(メス)は2009年5月に生まれた双子で、ヤマトは2010年12月に旭山動物園へ、ユッコは2010年11月に多摩動物園に移動しました。リアンは2011年5月に生まれたメスの赤ちゃんで、2016年3月に愛知県東山動物園へ移動しました。アクバルについて動物園の職員さんにお聞きすると「よくわからない男」と。屋外展示場の丸太にニオイ付けのスリスリをする姿をよく見かけます。

リーベ

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

2003年5月12日ポーランド生まれのメス。鼻の先に細かい点々があることが特徴。リーベの印象を飼育員さんに聞くと「子育てしているときは本当にいいお母さんでした。現在はシングルライフを満喫しているみたいですよ」とのこと。ユキヒョウファンとして円山動物園に通っている人に聞いてみましたが、やはり子育てしていたときのいいお母さんとしての印象が強い……と。次回の子育てを期待したいものです。

シジム

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

2010年5月16日生まれのメス。2011年にスウェーデンから円山動物園に来園しました。お転婆な女の子で、隣の展示場にアクバルがいるとよくちょっかいを出しているそうです。ちなみにアクバルの方はあまり相手にしないとのこと。来園したばかりの頃は引きこもりがちだったそうですが、環境に慣れるにつれお転婆ぶりを発揮しだしたそう。2016年に愛知県東山動物園に移動したリアンと檻越しに小競り合いをしてよくケガをしていたのだとか。また、よくニャオニャオと鳴いているそうです。

円山動物園マップ(提供:円山動物園)

「よくわからない男」に会いに!円山動物園の3頭のユキヒョウたち

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】