味わう

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

編集部
Written by 編集部

2016年12月15日、札幌市豊平区月寒にRice Burger Cafe「Temp」がオープンしました。「北海道のお米と野菜を美味しく食べる」をテーマに、北海道米を使ったライスバーガーが楽しめるお店で、「日本人こそ北海道米を食べてほしい」と来店を呼び掛けています。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

北海道米ファンが作るライスバーガー

同店オーナーの石澤誠樹さんは、北海道のお米が大好きという北海道米ファン。ゆめぴりか、おぼろづき、ほしのゆめ、きたくりんなど各種を食べ比べてきました。また、幼少期から食べてきたのが市販のライスバーガー。大好きな北海道のお米を使ってライスバーガーを作って食べてほしいという思いでお店をオープンしました。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

店名は今まで関わってきた人たちやこれから関わる人たちへの感謝の気持ちを表現する場にしたいという思いを込めて命名。「Thank you」「Expression」「Me」「Place」の頭文字をつなげて「Temp(テンプ)」にしたと話します。

食材は北海道米ゆめぴりか

目玉のライスバーガーに使う北海道米はゆめぴりか。南幌町の農家「タケヤマ」(竹山新太郎さん)が真心を込めて生産したお米を仕入れて使います。数ある北海道米の中からゆめぴりかを使うことに決めた理由は、お米が立つから。豚の生姜焼きやポテトサラダなどを挟み焼き色を付けたバンズは、ゆめぴりかのモチモチ感がダイレクトに味わえる一品です。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

サラダなどに使うみずみずしい野菜は、札幌近郊農家や道内外市場の仕入れルートを持つ八百屋「くいしんぼうの やおや」(札幌市東区)と連携し仕入れます。また、卵かけご飯に使う卵は、音更町の竹内養鶏場から仕入れる「米艶」。お米をエサにして育った鶏が産んだ卵で、黄身が白っぽいのが特徴です。ここまでお米にこだわりを持っているのです。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

ライスバーガーにサンドするのは豚の生姜焼きとポテサラベーコン

ライスバーガーは3種類でスタート。ご飯に合う定番おかず 生姜焼きをサンドした「しょうが焼きバーガー」、ポテトサラダ&ベーコンにご飯という意外な組み合わせの「ポテサラバーガー」、超厚焼き玉子と高菜をサンドした和風ライスバーガー「厚卵バーガー」。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

ライスバーガーは、味噌汁、サラダ、和え物、鰹節を添えたライスバーガープレート(850円)として提供しています。ライスバーガーの他、白い卵のなまたまご飯(500円)、野菜とお肉の10品目贅沢カレーライス(700円)、さらに、ダイエット、アサイー、パワーといった健康志向のスムージーを数種類提供します。

北海道米を使ったライスバーガーのお店「Temp」が札幌月寒にオープン

日本人こそ食べてほしい

おしゃれな店内は女性に喜ばれそうな雰囲気。「内心おなかいっぱい食べたい30代女性は是非!」と石澤さんは話します。また、小麦アレルギーでハンバーガーを食べられない学生に対しても、ジャンクフードのような感覚で楽しんでほしいと提案しています。

「日本人はお米を食べてきたということを忘れている人が多い。体にも良いですし、お米を忘れることのないよう『Temp』に来て北海道米を味わってほしい」と石澤さん。今後も北海道米を使ってメニューを増やしていきたいと意欲的です。皆さんもおいしい北海道米をライスバーガーで味わってみてはいかが?

Rice Burger Cafe「Temp」
所在地:北海道札幌市豊平区月寒東1条7丁目6-5
札幌市営地下鉄東豊線月寒中央駅3番出口から徒歩2分
営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)
電話:011-376-1122

写真:店舗外観を除きすべて提供

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。