トピックス

冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

編集部
Written by 編集部

「札幌市円山動物園×北海道ファンマガジン コラボ企画『ファンマガ的 円山動物園だより』」の3回目です。

冬になると円山動物園は雪に包まれます。除雪はされていますが、場所によっては雪深かったり、凍っていたりしますので、雪の中を歩ける服、靴で訪れるようにしてください。なんでこんな寒いときに動物園なんだよ、と思われるかもしれませんが、雪の中を遊び回る動物たちを見るのはまた格別! 暖かいときと違う動物たちの様子は見ていて飽きません。

冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

今月の動物紹介は「ニホンザル」

冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

円山動物園の正門から真っ直ぐに進んでいくと見えてくるのがサル山です。現在、サル山では65頭の猿が飼育されています(2016年12月25日現在)。→動物園マップ:①

「人間を除く霊長類では、最も北の地域で生息していることが有名です。群れで生活をして、メスは母親と一生過ごして先祖代々の土地と群れを継承します」(円山動物園のホームページより)。 雪の積もる円山動物園では、雪の中で過ごすニホンザルたちを見ることができます。

▼雪の中を動き回るニホンザルたち
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

「ニホンザルは、ほかの動物と違って頭数が多いので、寝ていて見られないとか、バックヤードに入っていて見られないということがありません。必ず何頭かが外に出て何かをしているので見ていて楽しいと思いますよ」と担当飼育員の小林さんが教えてくださいました。

▼ニホンザルの担当飼育員、小林真也さん
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

中でもエサの時間は見応えがあるのだそう。ちなみにエサの時間は、11時30分と15時の2回です。ただし、日によって多少のずれはあるそうです。

▼エサに群がるニホンザルたち。優劣により行動が違うので見ていて飽きません
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

▼エサは、リンゴ、キャベツ、ニンジン、イモ、小麦、煮干、人工飼料など。時間によって配分を変えているのだそうです
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

寒いときには、仲間同士で集まって猿団子を作ったり、暖かいときには並んで日光浴をしたりなど、集団生活をしている動物ならではのおもしろさがあります。

▼寒いときは仲間同士が集まって猿団子を作っています
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

▼日がさすときには、このように日向ぼっこをしています
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

猿山の取材時に、ニホンザルに詳しい円山動物園のボランティアスタッフの田中さんと知り合いました。彼女は2005年からボランティアとして活動され、なんと65頭のニホンザルすべてを識別できるのだそう。ニホンザルは親子の絆が強く、親が子どもをしつけていたりするさまは見ていて楽しいと田中さんは話します。

▼ニホンザルについては飼育員の次に詳しいと言われているボランティアスタッフの田中一江さん
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

「ニホンザルは、ボスを中心に群れをなしていますのでボスを探してみてください。ボスはただ単に強いだけではなく、女の子に優しくないとモテないんですよ。人と一緒ですね」(田中さん)

▼円山動物園のニホンザルのボス中松(ちゅうまつ)
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

現在、円山動物園のニホンザルは、高齢化と頭数の減少という問題に直面しています。狭い空間で自由にさせていると増えすぎてしまったり、近親交配をはじめたりするため、円山動物園のニホンザルのオスはパイプカットされているからなのだそう。減りはしても増えないという問題を抱えているのです。

「現在の円山で考えられるのは、人工受精しかありません。でも、猿はほっておいても増えていく種なので人工受精のノウハウがほとんどないんです」と飼育員の小林さんは言います。円山動物園で現在いちばん若いニホンザルが11歳、そろそろ考えるべき時期に来ています。ニホンザルの人工受精は世界的にも例がないということで、困難な道でしょうが、ぜひ赤ちゃんの誕生を見たいものです。

円山動物園マップ(提供:円山動物園)
冬は猿団子に注目!円山動物園のサル山で65頭のニホンザルに会おう!

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。