トピックス

動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

石簾マサ
Written by 石簾マサ

最近ブームのシマエナガ。そのかわいらしい容姿から雪の妖精と言われています。北海道に生息している鳥で、市街地でもその姿を目撃することができます。ただし、雀よりも小さく、動作が速いため、見つけづらい、撮影しづらい鳥としても有名です。

かわいらしいシマエナガをなんとか撮影したいと思った北海道ファンマガジン。いろいろ探してみると千歳にある「THE BIRD WATCING CAFE」という野鳥を観察できるカフェで見られるという話を聞きつけたのでお邪魔してきました。

動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」
(上記2枚はシマエナガ。写真提供:嶋田忠氏)

野鳥観察を疑似体験できるカフェ

動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

「THE BIRD WATCING CAFE」は、動物写真家の嶋田忠さんがオーナーを務める野鳥が観察できるカフェです。入口を入るとまず嶋田さんのギャラリー「嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー」があり、その奥がカフェになっています。

▼入口のギャラリーでは、嶋田さんの作品を見ることができます
動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

嶋田さんは、アイヌの人が営んでいたドライブイン跡のこの建物を、ギャラリー&カフェにリノベーションしました。一般の人はプロのように寒い中じっくり待って野鳥を撮影するのは難しいものです。そこで、このカフェで疑似体験してほしいという思いから、2014年12月にオープンしたというわけです。

▼自然豊かな立地で、野鳥もたくさん
動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

カフェの外は庭になっていて、餌台が設けてあり、そこにいろいろな野鳥が集まっていました。

▼カウンターから野鳥を眺めたり撮影したり
動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

カフェの外には、野鳥撮影のための小屋があり、窓にはガラスがなく迷彩柄のカーテンが掛けられています。カーテンの隙間からレンズだけを出して野鳥が撮影できるよう工夫されているのです。

▼レンズだけを出して野鳥を撮影する常連さんたち
動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

ここに飛んでくる野鳥は年間を通して80種類以上。冬の方が野鳥撮影には向いているとのこと。雪が溶け、エサが豊富になると野鳥はわざわざ餌台に来ないからです。また、木々が生い茂るため、暖かくなると見つけにくくなるとのことでした。

ちなみに、筆者が訪問した時は、野鳥はたくさん来ていましたが、目的のシマエナガに会うことはできませんでした。お店をまかされているケンプ鮎子さんによると「シマエナガがいちばん来るのは2月ですね。3月になるとほかの野鳥もだんだん少なくなってきます。暖かくなるとエゾリスも来るようになります」とのことでした。

▼ケンプ鮎子さんは嶋田さんの娘さん、ご主人のアーロンさんと
動物写真家がオーナー!野鳥観察できる「THE BIRD WATCHING CAFE」

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】