味わう

りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

石簾マサ
Written by 石簾マサ

札幌市豊平区界隈で、りんごと羊の肉を使ったカレーが噂になっています。その名も「こりめカレー」。豊平区のキャラクターであるりんごの「こりん」とひつじの「めーたん」のカレーだそうで、「こりん」と「めーたん」を略して「こりめカレー」と命名されたのだとか。なぜ豊平区のキャラクターがカレーと関係するのか、その真相を調査してきました。

▼豊平区のキャラクター、りんごの「こりん」とひつじの「めーたん」
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

なぜ「こりめカレー」が誕生したのか?

「こりめカレー」は、豊平・清田区商店街連絡協議会加盟店の豊平区にある6店舗(取材時は6店舗でしたが2017年3月末現在は7店舗+豊平区役所食堂)で提供されているカレーです。売り上げの3%が、豊平区で活動している子ども食堂へ寄付される「子ども応援メニュー」となっています。商店街の活性化の意味も含めて、豊平区の名物のひとつとして広めたいという思いではじまりました。

「こりめカレー」のルールはカンタン、「りんごと羊を使う」だけ。参加するお店は現在でも増えつつあります。

▼お話を伺った豊平・清田商店街連絡協議会の片山徹常任理事
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

続いて、豊平区役所にもお話を伺ってきました。区役所では「こりめカレー」を後押しするため、広報物などの制作や配布などを請け負っています。

▼豊平区市民部地域振興課の西成愛さん
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

区役所を訪れたのは3月14日。毎月14日は豊平区の日ということで、区役所の食堂で「こりめカレー」が提供されることになりました。取材日はちょうどその初日にあたり、区長室で試食会が開かれました。

▼三井一敏区長(右下)を囲んでの試食会
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

豊平区役所食堂で提供される「こりめカレー」は、スパイシーな味付けの本格的なカレールーに、ソテーされた角切りりんごと生の角切りりんごが加えられています。さらにはラムカツをトッピング。カレーはほどよい辛さで食べやすく、このメニューが毎月14日しか食べられないのは少し残念です。

▼これが区役所食堂で提供される「こりめカレー」650円
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

6店舗制覇に向けていざ出発!

せっかく「こりめカレー」の取材に来たのだから、と残りの6店舗も調査することにしました。こりんとめーたんに見送られ、カレー好きを自称する女子大生ふたりと一緒に「こりめカレー調査隊」は出発したのでした。訪れた順番でお店を紹介していきましょう。

▼松永梨紗さん(左)と鈴木菜奈さん(右)
りんごと羊肉を使ったカレー?! 豊平区界隈で「こりめカレー」が誕生!

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】