旅する

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

編集部
Written by 編集部

「札幌市円山動物園×北海道ファンマガジン コラボ企画『ファンマガ的 円山動物園だより』」の6回目です。

そろそろ暖かくなりはじめ、最低気温が氷点下になることも少なくなってきた札幌。積もった雪は溶け、木々には新芽が見られ、春の兆しが感じられます。冬の間は室内にいた動物たちも、少しずつ外に出ることが増え、まだ寒いながらも動物たちは楽しそうに外の空気を吸っています。

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

今月の動物紹介は「エゾシカ」

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

エゾシカは、日本に生息するシカ科の動物の中でもっとも体が大きい種類で、体重はオスで130kgにもなります。ニホンジカの1亜種で、本州などで見られる「本土ジカ(奈良公園などにいるシカでホンシュウジカとも言います)」と同じ種です。

大きな角が生えますが、これはオスだけでメスには生えません。この角は春先に自然に抜け落ちますが、円山動物園では、危険防止のために10月中旬に角を切り落とします。(以上、円山動物園ホームページより)

エサは、午前中に1回、午後から1回、1番乾草、2番乾草、ルーサン乾草、ZCペレット、フスマペレット、ビタミン剤、カルシウム剤などが与えられています。

▼エゾシカの餌
モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

現在、オス2頭、メス4頭が飼育されていますが、そのうちオスの恩(めぐむ)は別飼中なので閲覧することができません。

担当飼育員さんは「体の大きなエゾシカが獣舎内を駆け回ったり、優れた跳躍力で2mもある高さの雪山に登ったりする姿はとても迫力があり魅力的だと思います」と言います。

また「地面に座って目を細めながらモグモグと反芻しているときの表情と口元の動きを見ていると、気持ちが穏やかになってとても癒されます。動いているシカも良いですが、座って反芻しているシカもぜひ観察してみてほしいです」とおっしゃっていました。

▼円山動物園の奥の方にあるエゾシカ・オオカミ舎 動物園マップ→①
モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

円山動物園で飼育されている6頭のエゾシカを紹介しておきましょう。

歩(あゆみ)

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

2008年8月30日円山動物園生まれのオス。あとで紹介する道(みち)の息子です。鼻の先を触れられるのがキライだそうです。

道(みち)

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

2005年芦別市旭ヶ丘公園生まれのメス。2008年4月3日に来園しました。耳の縁がぎざぎざしています。

イザベル

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

2010年6月25日おびひろ動物公園生まれのメス。2011年11月5日に来園しました。左耳にオレンジ色の耳標が付いています。血の気が多く、柵越しに威嚇することがあるそうです。

アマンダ

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

2010年6月6日おびひろ動物公園生まれのメス。2011年11月5日に来園しました。左耳に黄色の耳標が付いています。好奇心旺盛ですが意外と慎重な性格だそうです。

芽(めい)

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

2003年芦別市旭ヶ丘公園生まれのメス。2008年4月3日に来園しました。目がくりっとしていてかわいく人なつっこいそうです。現在別飼されているオスの恩(めぐむ)の母親です。

恩(めぐむ)

2008年7月12日円山動物園生まれのオス。芽(めい)の息子で群れのリーダーです。現在、オスの歩との繁殖期に伴う争いを避けるため、2016年10月31日より隔離されているので見ることができません。

モグモグしているときの表情に癒される!円山動物園のエゾシカたち

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。