旅する

家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「札幌市円山動物園×北海道ファンマガジン コラボ企画『ファンマガ的 円山動物園だより』」の7回目です。

ところどころ残っていた雪も消え、円山動物園内にも桜が咲き始めました。冬の間は屋内で過ごしていた動物たちも、そろそろ屋外での活動が多くなる頃。お客さんの数も日毎に増え、動物園が活気づいてきました。

家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

今月の動物紹介は「シロテテナガザル」

家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

園内にいると、どこからともなく甲高い鳴き声が聞こえてくることがあります。空にまで響き渡りそうなその声の正体こそ、シロテテナガザルです。

▼園内の真ん中あたり、類人猿館に住んでいます
家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

シロテテナガザルは中国南西部や東南アジアの熱帯雨林に生息し、一夫一婦のつがいとその子どもの小さな群れで暮らします。振り子のようにはずみをつけ、勢いよく枝から枝へ移動する腕わたり(ブラキエーション)をします。四肢の先端部が白色であることが和名の由来で「白い手の、手の長い猿」ということで、シロテテナガザルといいます。(円山動物園ホームページより)

現在、円山動物園にはオスの「コタロー」とメスの「アイ」が夫婦として暮らしています。昨年(2016年)10月4日に、待望の男の赤ちゃんが誕生しました。名前を「そら」といいます。

▼お父さんの「コタロー」。2004年10月26日旭山動物園生まれ
家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

▼お母さんの「アイ」。2009年8月15日福井県鯖江市西山動物園生まれ
家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

▼子どもの「そら」はすくすく成長中
家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

担当飼育員に、話を伺いました。

「まず、エサの管理が大変です。3頭それぞれにエサの配分を考えつつ、リンゴ、みかん、ブドウ、バナナなどの果物や、いも、キャベツ、白菜、レタスなどの野菜を与えています。最近では、そらがお父さんお母さんの真似をして鳴こうとしている姿が見られました。そらはお母さんから離れてひとりで遊ぶことも多いですが、カラスなどが寄ってきたらお母さんがすぐに駆け寄って守ろうとしています」

家族3頭の仲の良さは、見ているだけで十分に伝わってきます。夫婦が寄り添い、その周辺を子どもが遊び回っている様子などは、ずっと見ていられる癒やしたっぷりの光景です。動物園マップ → ①

動物園マップ
家族3頭の仲の良さに注目!円山動物園のシロテテナガザル

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】