トピックス

札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

石簾マサ
Written by 石簾マサ

「サッポロスマイル」をご存じでしょうか? 「サッポロスマイル」は、札幌市が策定した「魅力都市さっぽろシティプロモート戦略」のコンセプトである「笑顔」に基づき作成されたロゴマークです。

その「サッポロスマイル」をテーマに、今回、センチュリーロイヤルホテルと札幌市役所地下食堂がタッグを組み、「笑顔」をキーワードにした特別なランチを提供することになりました。

▼こんなロゴマーク見たことありませんか?
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

特製ポークシチューと特別仕様のオムライスがセットに

特別なランチが提供されるのは6月23日(金)と30日(金)の2日間のみ。その名も「ニコッとスマイルランチ」です。「笑顔=ニコ=2個」ということで2品がセットとなったメニューです。

▼「ニコッとスマイルランチ」
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

センチュリーロイヤルホテルの金子総料理長が監修、札幌市地下食堂の森調理長が調理し、同食堂で提供されます。

▼金子総料理長と森調理長、運命の初顔合わせ
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

1品目は、当別産のスマイルポークを使用した特製ポークシチューです。ホテルの洋食技術を取り入れたデミグラスソースで豚肉をじっくりと煮込み、横には札幌の木田農園のジャガイモとタマネギ、谷口農園のコマツナが添えられています。

▼特製ポークシチュー
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

2品目は、札幌市地下食堂の人気メニューのオムライスです。普段は、デミグラソースがかかっているオムライスですが、今回はケチャップをベースにしたトマトソースを使用しました。卵の上にはサッポロスマイルのロゴが入っているという手の入れよう。もちろん卵も道産です。

▼特別仕様のオムライス
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

「ホテルと違ってさまざまな制約がある食堂で、リーズナブルかつスピーディーに提供できるホテルの味をテーマに考案しました。地域の人々に愛される味を目指すホテルと市民の胃袋である食堂がタッグを組み、地元市民の美味しい笑顔の輪を広げていきたいです」と金子総料理長。

「金子総料理長に指導していただき、ホテルの洋食の勉強ができてよかったです。いろいろな制約があるため試行錯誤を繰り返しましたが、おいしい料理が完成しました」と森調理長。

▼金子総料理長(左)と札幌市役所地下食堂の管理栄養士の中居さんと同食堂の森調理長(右)。なんども話し合い試行錯誤を繰り返してメニューが作成された
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

うれしい価格で笑顔になれる

驚くのは、このゴージャスなランチメニューが780円(税込)で提供されるということ。トロトロに煮込まれた豚肉のシチュー、ふわふわ卵のオムライス、まるで夢のようなセットがこれほどリーズナブルに食べられる絶好のチャンス。ただし数量限定で、こちらも「ニコ」にちなんで1日25食。11時30分からの提供なので、食べたい人はぜひお早めに。

▼札幌市役所地下食堂
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

センチュリーロイヤルホテルは「笑顔になれる街」の実現を目指す「サッポロスマイルパートナーズ」の一員として、市民や観光客が笑顔になれるひとときの創出に取り組んでいるそう。

今後も、札幌市地下食堂とコラボランチのシリーズ化や、札幌市の道内連携プロジェクトによる共同フェアの開催を検討するなど、さまざまな交流を通じて、札幌、北海道の魅力向上、観光促進に協力していきたいと言います。

今後もこういった取り組みが増えていくことを期待したいものです。

▼センチュリーロイヤルホテル
札幌市役所食堂でホテルランチ!? 2日間限定「ニコッとスマイルランチ」

提供店舗:札幌市役所地下食堂(札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所地下1階)
提供日:2017年6月23日(金)・30日(金)
提供時間:11時30分~完売まで(限定25食)
営業時間:10時~18時(L.O.17時45分)
定休日:土・日・祝日
販売価格:780円(税込)
お問い合わせ先:011-241-6532(平日10時~18時)
公式サイト

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】