味わう

パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

竹内真子
Written by 竹内真子

可愛いモノが好き! 甘いものが大好き! でも、甘すぎず美味しいものがいい……! そんな悩める女子たちに朗報です。

この度、札幌にあるパフェ専門店「幸せのレシピスイート大通店」とアイシングクッキーの「SHONPY」がコラボして北海道初のデコパを販売することになりました。北海道から新たなパフェ文化が生まれること間違いなしです。

プレオープンは6月1日(木)6月2日(金)で、正式オープンは6月3日(土)、夏季限定で販売します。そもそもデコパって? デコパにかける思いとは? このパフェをデザインしたShonpyさんにお話を伺ってきました!

デコパとはデコレーション・コーン・パフェのこと

▼Shonpyさん
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

「『デコパ』とはデコレーション・コーン・パフェの略なんです。テイクアウトも可能なまったく新しい、可愛いパフェをつくろうと思いました」

そう話すのはデコパをデザインしたShonpyさん。Shonpyさんは札幌を拠点に10年以上アイシングクッキーをつくり続けています。

▼すべて手作りのアイシングクッキー
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

そんなShonpyさんは「幸せのレシピスイート」とコラボして、アイシングの対象をクッキーからコーンにまで広げました。細部まで可愛く装飾されたコーンはすべてShonpyさんの手作りなんだとか。

「クッキーと違ってごろごろと転がるのでアイシングするのにも一苦労です。でもお客様の笑顔が見たくて、手間暇かけてひとつひとつ作っています」

▼アイシングの様子
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

試行錯誤を重ねて完成した、北海道発! 唯一無二のデコパ

半年以上もの間、試行錯誤を重ねて完成したデコパがこちら!

パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

開発する途中に試食会を実施。お客様の声を取り入れて改良に改良を重ねたといいます。

「試食会の時は、ぐるりと後ろまでアイシングしていたのですが、『ちょっと甘いなー』という意見がちらほらあったので薄めに、そして後ろはアイシングしないように改良しました」

試食会のアンケートでいちばん多かったのは「見たことがない!」という感想。そして大多数のお客様が「また来たい」「すぐ来たい」「見ため以上」「SNSでシェアしたい」と答えたといいます。

▼トッピングを追加してあなただけのデコパに
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

コンセプトは「原宿系」ということですが、原宿にもない原宿系。それが唯一無二であるShonpyさんのデザインです。手に取ったときの「カワイイ!!」という感動を是非店頭で味わって欲しいと思います。

可愛いだけじゃない!

北海道発のデコパを開発するにあたりコラボしたのは、メディアにも多数紹介されており話題沸騰中のパフェ専門店「幸せのレシピスイート」です。コーンの中にはアイスクリームが2つも入っておりボリューム満点なほか、味の足し引きがされているため甘すぎず、また食べに行きたくなるようなパフェを実現しています。

「大切にしたかったのは『SHONPY』らしさ×『幸せのレシピスイート』らしさです」。Shonpyさんはそう話します。

色味、キャラクターとともに「可愛い」にこだわったShonpyさんのデザインと、お菓子を通して「幸せ」を伝える「幸せのレシピスイート」の確かな味。見た目と味ともに満足できます!

▼イートインでは皿盛りパフェもご用意
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

SNSに掲載すると特典が!

SNSに「#デコパ」とハッシュタグを付けて発信していただいた方には、次回のご来店時に記事提示で100円引きのサービス。また、先着100名様にミニデコパコーンのノベルティをプレゼントします。

▼ノベルティ
パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

価格も850円~とリーズナブル。学校帰りに立ち寄るのもよし、ふらっと散歩のお供にテイクアウトするのもよし、オトナ女子会に使うのもよし。「幸せのレシピスイート大通店」でShonpyさんとコラボしたデコパを楽しんでみてはいかがでしょうか。

デコパ、アイシングクッキーお問い合わせ
SHONPY
http://shon-py.ws
info@shon-py.jp
090-7654-8010

パフェとカワイイが大好きな女子必見!北海道発「デコパ」とは?!

販売店舗
幸せのレシピスイート大通店
所在地:北海道札幌市中央区南2条西4-12-6 第2コンタクトオフビル 1F
電話:050-5592-7078
AirBookmark

筆者について

竹内真子

竹内真子

1995年生まれ。札幌のどまんなかで生まれ育ったため、田舎に憧れわざわざ市外の大学に通う。北海道リレーション株式会社所属、若者向けメディア「マカラボ」編集長、「北海道ファンマガジン」副編集長。