トピックス

ガラスのピラミッドの中に巨大バルーン!? 今年はモエレ沼公園がアツい!

石簾マサ
Written by 石簾マサ

20世紀を代表する彫刻家であるイサム・ノグチが最晩年に参加していたプロジェクト、それが札幌市東区にあるモエレ沼公園です。自然とアートが融合したノグチの遺作とも言うべきこの公園で、今年、札幌国際芸術祭2017が開催されています。なんでも、ノグチの視点を現代へとつなぐ作品群なのだとか。詳しい内容を探りました。

かつて不燃ゴミの最終処分場だった公園

ガラスのピラミッドの中に巨大バルーン!? 今年はモエレ沼公園がアツい!

1988年に札幌を訪れたイサム・ノグチの目にとまったのが、すでに建設がはじまっていたモエレ沼公園でした。当時のモエレ沼は、不燃ゴミの最終処分場。ゴミの舞い散る大地に立ったノグチは、人間が傷つけた土地をアートで再生することが自分の仕事だと言い、モエレ沼公園計画に参加することを決意したそうです。

そんなノグチのインスピレーションに満ちた公園が、今を生きる作家のインスピレーションによって新たに再生されるというこの展覧会「RE/PLAY/SCAPE」、さっそく紐解いていきましょう。

松井紫朗《climbing time/falling time》

ガラスのピラミッドの中に巨大バルーン!? 今年はモエレ沼公園がアツい!

モエレ沼公園といえば、大きなガラスのピラミッドを連想する人も多いことでしょう。「RE/PLAY/SCAPE」展の開催期間中、このピラミッドの中に、巨大な黄色いバルーンが登場します。内部は複雑な形の回路になっており、歩いていると時間や空間の概念が揺さぶられるような感覚になるかもしれません。

【松井紫朗プロフィール】
1960年、奈良県生まれ、京都市立芸術大学教授。多様な素材を用い、ユーモアと理知を備えた立体造形で注目を集める。ナイロン素材のバルーンを使った作品や、JAXAとの共同実験など、ジャンルにとらわれない幅広い活動を展開している。

大友良英+青山泰知+伊藤隆之《(with)without records》

ガラスのピラミッドの中に巨大バルーン!? 今年はモエレ沼公園がアツい!

巨大バルーンと同会場に設置されるのは、約100台もの中古レコードプレーヤー。さらには、そのひとつひとつから不思議な音が流れています。それは、札幌市民が参加したワークショップで作られたレコードの乗っていないレコードプレーヤーから出る小さなノイズ音です。SIAF2017のゲストディレクター大友良英さんらが2005年から各地の美術館などで、その場に合わせて制作・展開してきた《without records》の新作です。

ガラスのピラミッドの中に巨大バルーン!? 今年はモエレ沼公園がアツい!

【大友良英プロフィール】
1959年、横浜市生まれ。実験的な音楽からポップスまで多種多様な作風を持つ音楽家。2013年「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞を受賞し、お茶の間でもその名を知られる存在に。

【青山泰知プロフィール】
1960年、旭川市生まれ。美術家として活動する他、ライブやDJなどの音楽活動も行う。大友良英とは、1995年よりコラボレーションを展開している。

【伊藤隆之プロフィール】
YCAM interLab R&Dディレクターとして、YCAM研究開発プロジェクト全般のディレクションを担当。「without records」では、プログラム設計など技術面を担っている。

AirBookmark

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】