トピックス

ラッピング電車も新登場!今年の夏は札幌市電が芸術の舞台になる!?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

札幌の街中を走る路面電車は札幌市電(市電)と呼ばれています。地下鉄の開通や道路事情の変化で、一時は全面廃止も考えられた市電ですが、市民の要望などにより、1路線が今も運行され市民の足として愛されています。

「芸術祭ってなんだ?」をテーマにさまざまなイベントが開催される札幌国際芸術祭2017では、路面電車(市電)が舞台になるプロジェクトもあるのだそう。市電と芸術? いったいどのような捉えられ方、取り組みで市電が芸術と結びつくのでしょうか?

市電と芸術が織り成すコラボレーション

札幌の公共交通輸送がはじまったのは、1909(明治42)年。馬車鉄道が走ったことからでした。馬車鉄道は1918(大正7)年に民営の路面電車に切り替わり、1927(昭和2)年に市営化しました。

札幌の路面電車は、地下鉄の開通や道路事情の変化によって次第に縮小化され、1974(昭和49)年に現在の1路線となりました。2015(平成27)年に、分離されていた西4丁目停留場からすすきの停留場までがつながり、ループ化が実現したのも記憶に新しいところです。

ラッピング電車も新登場!今年の夏は札幌市電が芸術の舞台になる!?

このループ化された市電を舞台にしたプロジェクトが「市電プロジェクト~都市と市電~」です。ループ化された市電の路線が囲む旧山鼻村エリアは、早くから開拓が進められた札幌の下町。歴史や景観など、旧山鼻村エリアは札幌らしさを残した場所だとプロジェクト企画メンバーの漆(うるし)さんは言います。

「来年開業100周年を迎える市電は、札幌の過去と未来を結ぶ象徴的なものだと思うのです。今回、札幌国際芸術祭という舞台で、市電と街の現在、過去、未来に目を向ける試みを行います」と漆さん。今回は、4つのプロジェクトが行われています。簡単にその内容を紹介していきましょう。

▼企画への思いを語ってくれた企画メンバーの漆崇博さん
ラッピング電車も新登場!今年の夏は札幌市電が芸術の舞台になる!?

ノイズ電車 SAPPORO 2017

ラッピング電車も新登場!今年の夏は札幌市電が芸術の舞台になる!?

2012年の「フェスティバル FUKUSHIMA!」を原点とするノイズ電車を、市電を会場に展開するもの。

この「ノイズ電車 SAPPORO」では、複数のミュージシャンが市電に乗り込んでノイズミュージックを演奏し、市電をライブ空間へ変貌させます。

ノイズミュージックは、楽譜や譜面のない音の集合体、騒音や雑音と思われているようなものを音楽として再構成したものと捉えることができます。観客は音に包まれながら、日常の中の非日常を楽しむことができるというわけです。

「ノイズ自体が芸術祭でフィーチャーされることは少なく、経験できることはとても稀なこと。貴重な体験をぜひ!」と企画メンバーの漆さん。

残念なことに、前売り券はすべてSOLD OUTとのことですが、オフィシャルバー「出会い」atOYOYOではノイズ電車関連企画ライブが行われる予定ですので、イベント情報をチェックしてください。

開催日・出演アーティスト:
・8月11日(金)中村 としまる × 高橋 幾郎(終了)
・8月25日(金)大城 真 × ハットコペ
・9月 1日(金)DJ方 × MC MANGO
・9月15日(金)YPY × テンテンコ
・9月29日(金)大友 良英 × 湿った犬
時間:各回 18時半~18時45分集合、19時出発予定(約60分)
料金:前売1,000円、当日2,000円(すべて売り切れ)

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】