トピックス

抹茶のように飲みやすい!道産大麦若葉の青汁「若葉のしずく」誕生

編集部
Written by 編集部

青汁というと、皆さんはどんなイメージをお持ちですか? 「体に良さそうなのはわかっているんだけど、青臭くて不味い……」そんな印象だったかもしれません。

しかし近年、飲みやすい青汁も登場しています。道内で初となる北海道産大麦若葉を使った青汁粉末「なんと!おいしい若葉のしずく」もそのひとつ。試飲会を開けば900杯以上が試飲されるほどの好評ぶりです。その人気の秘訣は何なのでしょうか。開発に成功した日生バイオ株式会社(恵庭市)の深野真季子さんに聞きました。

▼「なんと!おいしい若葉のしずく」をPRする日生バイオ株式会社 商品企画室 深野真季子さん
抹茶のように飲みやすい!道産大麦若葉の青汁「若葉のしずく」誕生

読者プレゼントを用意しています。記事の最後に応募方法をお知らせしていますので、最後までお読みくださいませ。

初めて尽くしだった道産青汁の開発

青汁の原料となる大麦若葉は、温暖な気候である九州が主生産地で、寒冷な気候の北海道では栽培期間が短く商業生産は難しいとされてきました。同社がこれまで生産してきた青汁粉末も、その原料は米国産でした。

そんな中、松永政司社長の「北海道の農作物などの1次産品を加工することによって、付加価値を高めるなど6次産業化による高付加価値化に貢献したい!北海道の食産業に貢献したい!」という強い想いをさらに発展させ、北海道産の大麦若葉で青汁を作る挑戦が始まりました。

2013年から検討を始め、8種類の大麦若葉を栽培し、味・成長性から北海道の気候に合う味の良い品種を3種厳選。2014~2015年の2年間(公財)道央農業振興公社と共同栽培を行い、成果として北海道での「大麦若葉の栽培マニュアル」を道内で初めて完成させました。2016年、この「栽培マニュアル」を委託栽培する4農業法人・農家に開示することにより、安定した良質な大麦若葉が確保できるようになっています。

栽培に適した地として選ばれたのは、空知地方の南西部に位置する南幌町。南幌町は、春から秋にかけての平均気温が約15℃と大麦若葉の栽培に適した気候で、日本二百名山および北海道百名山になっている芦別岳を源とする夕張川、千歳川に囲まれています。栽培に適した気温と栄養豊富な土のお陰で、元気いっぱいに育ち、おいしい大麦若葉の栽培ができます。

▼南幌町の農家で栽培される大麦若葉
抹茶のように飲みやすい!道産大麦若葉の青汁「若葉のしずく」誕生

収穫した大麦若葉は鮮度の高いうちに工場に運び込む必要があります。そこで同社では、工場から30分以内の距離にある農業法人・農家に栽培をお願いしています。また、2015年10月に買い取った旧南幌町立夕張太小学校を北海道工場として改修し、2016年6月に大麦若葉を新鮮な状態のまま低温圧搾する「コールド・プレス製法」での製造を開始しました。青汁用の大麦若葉エキス末の商業生産は北海道初といいます。

▼旧南幌町立夕張太小学校を改修した北海道工場。体育館で製造している
抹茶のように飲みやすい!道産大麦若葉の青汁「若葉のしずく」誕生
抹茶のように飲みやすい!道産大麦若葉の青汁「若葉のしずく」誕生

こうして誕生した青汁粉末は、エキスをイメージさせる「なんと!おいしい若葉のしずく」という商品名で2017年5月9日に発売。南幌町では町の優良特産品として推奨され、恵庭市、南幌町を中心に販売されているほか、両市町のふるさと納税返礼品にも採用されています。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。