トピックス

50周年の三岸好太郎美術館で“音楽+美術”の展覧会開催!その思惑とは?

石簾マサ
Written by 石簾マサ

札幌国際芸術祭(SIAF)2017では、現在、北海道立三岸好太郎美術館開館50周年記念特別展として「大友良英アーカイブ お月さままで飛んでいく音+三岸好太郎ワークス 飛ビ出ス事ハ自由ダ」という展覧会が開催されています。

この長~いタイトルの展覧会では、SIAF2017のゲストディレクターである大友良英氏と札幌出身の画家である三岸好太郎、それぞれの作品が展示されているというのですが、さて、その接点とは? 一体どんな内容なの? 気になるところを大友氏本人に直撃しました。

SIAF2017のゲストディレクター大友良英氏に訊く!

50周年の三岸好太郎美術館で“音楽+美術”の展覧会開催!その思惑とは?

「ぶっちゃけ、何も接点がないんですよ」
と開口一番、本当にぶっちゃけて仰った大友良英氏。

なんでも、三岸好太郎美術館の学芸員が、大友氏の展示をやりたいという熱意から実現した展覧会ということです。

「でもね、札幌国際芸術祭という大きな枠組みの中で考えると、いわゆる通常の美術っていうのがほとんどないことに気づいたんです。中間領域のものとか特殊なものが多い中で、三岸さんの展示は、この芸術祭の中で本当の美術であり、いちばん芸術であるんじゃないかと思ったわけです」(大友氏)

三岸好太郎は札幌に生まれ、日本近代を代表する画家のひとりです。戦前、スタイルやテーマを目まぐるしく変えながら、わずか10年余りの画業、31歳という若さで亡くなりました。

▼札幌市中央区にある三岸好太郎美術館
50周年の三岸好太郎美術館で“音楽+美術”の展覧会開催!その思惑とは?

「今回は1階が僕のアーカイブ、2階が三岸さんの作品という形で、展示されています。1階の、全然芸術じゃない音楽の展示と、2階の本当の美術。音楽家と絵描き。ちょうどこの展覧会の1階と2階の間にあるものが、今回の札幌国際芸術祭2017なんじゃないかと思います」(大友氏)

▼熱を込めて語ってくれた大友良英氏
50周年の三岸好太郎美術館で“音楽+美術”の展覧会開催!その思惑とは?

音楽と絵画、それぞれの分野でそれぞれの表現を模索してきたふたりの軌跡。「何も接点がない」と大友氏は言うものの、きっとそこには高みを目指す者だけが放っている、共通する何かが存在するはずです。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】