旅する

円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

久々にお届けする「札幌市円山動物園×北海道ファンマガジン コラボ企画『ファンマガ的 円山動物園だより』」、今回は番外編です。

突然ですが、レッサーパンダと聞いて何を連想しますか? きっと多くの日本人が、かつて立つレッサーパンダとして一世を風靡した千葉市動物公園の風太くんのことを思い浮かべるのではないでしょうか。そんな風太くんが2018年7月8日に15歳の誕生日を迎え、つい最近ニュースなどに取り上げられて話題となりました。

風太くんに注目が集まる中、ぜひ円山動物園で暮らしているレッサーパンダたちのことも知ってほしい! というわけで、ちょっとマニアックな視点で解説していきます。

読者プレゼントあり! 記事の末尾に応募要領が記載されていますのでふるってご応募ください!

レッサーパンダの可愛いポイントいろいろ

円山動物園のレッサーパンダたちに出会い、虜になり、ついには写真集まで出版してしまった筆者。手に取った人から「可愛い!」「面白い!」と反応をいただき、少しはレッサーパンダの魅力を知ってもらうお手伝いができたかなと、うれしく思っています。しかし、写真集の限られたページ数では伝えきれなかった魅力が、まだまだあるのです。

▼歩いていると内股になる
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

レッサーパンダは、基本的に内股です。歩いている際に前から見ていると、もふもふの手足が内股になりながら交互に前に出てくる様子に、頬が緩みます。

▼おいしすぎてこんな顔に
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

食べている時には、大好物の竹の葉に夢中になりすぎて、こんな表情になってしまうことも。

▼飼育員さんも大変
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

レッサーパンダはリンゴも大好物。もっとリンゴを寄こせ~と言わんばかりに、飼育員さんに食らいつきます。

▼「まだ隠し持ってるんじゃないの?」
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

飼育員さんがいつもポケットにリンゴを入れていることを覚えているのでしょうか、すごい執念です。

▼尻尾を枕にして寝ることも
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

食べている時はオモシロ満載のレッサーパンダですが、寝姿はこんなにかわいいのです。

▼垂れレッサーパンダ
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

かと思いきや、木の枝で絶妙のバランスを保って寝ていることもよくあります。

▼長時間の毛づくろいが日課
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

舌や前脚を使って、上手に毛づくろいします。円山動物園では、雄のレッサーパンダの方が念入りに毛づくろいしているかも。

▼ヨガの新しいポーズ?
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

毛づくろいに夢中になりすぎて、おかしなポーズになっていることもしばしば。

▼怖いもの知らずのダイブ!
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

レッサーパンダは寒いところに住む動物です。雪が降ってテンションの上がったレッサーパンダが見られるのは、北海道の動物園ならでは。

▼ラッセル、ラッセル
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

ドカ雪の後は、レッサーパンダが雪の中を泳いでいるようにも見えます。

▼降りはじめた雪を見上げる
円山動物園のレッサーパンダはココが可愛い!そのポイントを徹底解説

雪が降りはじめると、それに気づいたレッサーパンダが空を見上げることがあります。シンシンと降る雪に佇むレッサーパンダ、そこには詩的な空気が流れています。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】