学ぶ

ジンギスカンの歴史~ジンギスカン特集

編集部
Written by 編集部

ジンギスカンの歴史~ジンギスカン特集

 日本に羊肉料理がやってきたのは日本の歴史の中でも比較的最近のことで大正時代。それが北海道の家庭に普及したのは昭和初期のころで、メンヨウの飼育だけではなく食用として広まりました。ジンギスカンといえば北海道というイメージがありますが、実は本州でも見られるようです。いずれにしても北海道でジンギスカンが広く普及しているのは事実です。

 名付け親は、1977年毎日新聞社北の食物誌によると、南満州鉄道株式会社の調査部長であった駒井徳三さん。勘のいい方ならおわかりかと思いますが、あのチンギスハンをイメージして命名したとか。料理自体は、中国の羊肉料理を応用したものです。

 もともとは、軍服用として羊毛を生産するために羊を道内で飼育し始めました。それは1918年のこと。それまでは輸入でしたが、それが戦時下において不可能になり、国内で生産することになったわけです。種羊場は道内では札幌市月寒、滝川市に設置されました。

 それに乗じて、手に入りやすい羊を有効活用して、北海道版羊肉料理が誕生したというわけです。戦前の1931年に文献に初登場、1936年に札幌でジンギスカン鍋料理試食会があったことから、このあと普及していったことが分かります。

 戦後、そうした下地の上、肉料理の中では低料金で食べられるものであったこと、名前のインパクトが強いことから、道内で普及したと考えられています。戦後は羊飼育数は減少していきますが、輸入の羊肉を使っていて、今もジンギスカンは道民の食文化に欠かせません。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。