学ぶ

ガラナが北海道で猛威を振るう!!

編集部
Written by 編集部

ガラナが北海道で猛威を振るう!!

ガラナ。それは北海道で非常に根強い人気を誇るコーラのような炭酸飲料です。なぜガラナがここまで道民の間に普及したのでしょうか?そのいきさつを探ります。

 「カツゲン」は比較的若年層、子供に大人気という飲み物ですが、「ガラナ」とは、少し大人向け、青春期以上から大人まで飲む飲み物です。一概には言えませんが(笑)。

 北海道では、「コーラ」もある程度人気ではありますが、それ同等で「ガラナ」も日常に入り込んで人気の品です。パッケージはコーラのような容器で、中身はコーラみたいな色してます。「コアップガラナ」は赤いシートに黄色で、「ガラナエール」は赤いシートに緑色でパッケージになっています。

コーラ並の人気度を誇る!

ガラナが北海道で猛威を振るう!!  こちらも北海道のスーパーやコンビニ(セイコーマート)で標準に売られており、コーラ同様人気です。たいていコーラの隣に置かれています。道産子の中にはガラナが北海道限定だとは知らずに飲んでいるという人も多いはず(でも少ないですが内地でも買えるところがあるそうですよ)。個人的評価ですが、コーラに比べてガラナは少しすっぱさがあると思います。そのほかは炭酸飲料ですしあまり変わりません。

 じつは原材料は北海道では栽培していない植物だってしっていましたか?はるか地球の裏側、ブラジルのアマゾン川流域からやってきたものです。そこに住んでいた原住民たちが不老不死として非常に大切に扱っていました。

 特徴といえばビタミンが豊富です。ガラナの実から抽出されたエキス(天然エピカテキン)を、100倍に薄められ最終的には炭酸と合わせます。これでガラナ飲料完成です。

 有名で最もよく見かけるガラナは先ほども紹介した「コアップガラナ(CO-UPとでかく表示されています)」で、ガラナ製造会社としては最も古い「株式会社小原」が製造しています。そのほかは、先ほども紹介した「ガラナエール」、赤と黒のまさにコンサドーレ色の「キリンガラナ」などがあります。だいたい見かけるのはこのあたりですし、実際に買って飲むのもこのあたりです。道産子にしてみればどのメーカーだろうと気にしないところがあります。ガラナはガラナだ、と。

なぜ北海道で普及!?

白熊ガラナと羆ガラナ、下は白いガラナ
ガラナが北海道で猛威を振るう!!

ガラナが北海道で猛威を振るう!!  ガラナが北海道で普及した歴史、これにはちょっと驚かされるのではないでしょうか。キーワードは「コーラvsガラナ」。コーラが敵ということです。ということはコーラに対抗するために作られたって言うこと?そうなります。色まで似せています。

 昭和時代、コカコーラが日本に上陸すれば清涼飲料水市場で大暴れすることがわかっていたために、全国清涼飲料協同組合連合会が対抗しようと、普及する数年前に作られたのです。ガラナが誕生した年は1960年で、コーラが北海道に上陸したのは本州に遅れること3年、1963年でした。本国ブラジルではガラナが出回ったことでコーラに対抗できたと言い、それを参考にすることにしました。

 そしてコカコーラが輸入され日本中を巻き込むようになると、コーラ愛好家たちが続出することになります。そんな中、北海道だけはまだコカコーラ普及の波が訪れなかった(やってくるのが3年ほど遅かった)ために、ガラナ飲料が広く普及し定着。後にコーラが北海道にやってきて普及しようとしても、ガラナ人気が多い北海道では内地のようにはいかなかったということです。

 ページの見出しにある「勝った」というのはおおげさかもしれませんが、あの大手コカコーラを抑えて健闘しているわけですから、ある意味「勝ち」に等しいのかもしれません。そんな北海道限定人気ガラナ、一度はお試しあれ。ぜひとも下のガラナ飲料をご購入の上ご賞味ください。コーラとは一味もふた味も違った独特の風味にきっとはまるはず!

 幻の白いガラナもあります(上の写真)。これは先ほども紹介した老舗の小原が製造したもので、まさに白いガラナ。かつてプレゼント企画で登場したものの話題となり、2005年12月1日から発売されることになりました。通常のガラナよりも甘さを抑えたガラナです。水は道南にあります横津岳の天然水を使用し、果糖ブドウ糖には北海道産じゃがいもを使用しています。

 2008年6月上旬には人気キャラクター「まりもっこり」にあやかって緑色の「まりもっこりガラナ」が小原から誕生。クチナシとベニバナの色素を使って緑色を表現しています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。