"> ">これが年末年始の過ごし方!おせちはお菓子? 大晦日からおせち? – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

これが年末年始の過ごし方!おせちはお菓子? 大晦日からおせち?

年末年始も北海道流の過ごし方、風習があります。そのひとつは、正月には「口取り菓子」が欠かせないこと、そして、大晦日からおせち料理等豪華なものを食べたりするということが挙げられます。

「口取り」とは何でしょうか。外観はおせち料理のようなのですが、実際にはお菓子(和菓子)でできている北海道独特の郷土菓子のことです。主に正月用に店頭販売されるのが年末の恒例となっています。

「口取り菓子」は、おめでたい海老や鯛といったおせちで欠かせない食材をお菓子で代用し、パッケージや箱に詰めて正月に食べます。そもそもなぜこうした風習が出来上がったのかというと、北海道では鯛や伊勢海老を手に入れることができない土地柄であったため、昔の人はお菓子でそれを表現したといいます。

現在では、大手製パンや和菓子業者がそれを手掛け、北海道内で販売を行っています。北海道の正月は甘いのです。

そしてもう一つの正月の風習としては、大晦日からおせちを食べるという習慣があります。一部東北地方を除く本州では正月に食べるのが普通ですが、北海道では、カニやおせち、お寿司に至るまで、豪勢な料理を集めて食べるのが習わしとなっています。では、正月は何を食べるのかというと、おせちの残り物であったり、お寿司やお雑煮を食べたりするのです。

なぜそうなのかというと、本来おせち料理は、現在の暦で言う大晦日の夜に食べ新年を迎えると言うのが本来の一般的な習わしだったそうですが、道外では、おせちは正月へ、大晦日は年越しそばと明確に区別されるようになりました。日没で一日が始まる時代の伝統が、北海道ではそのまま残ったというわけです。現在では道内の3分の1程度~4割程度の家庭でこの風習が残っていると言われています。

もちろん、道内の家庭であっても、大晦日は年越しそば、正月はおせちとしているところもありますが、北海道にはこんな変わった風習もあるのです。

また、正月飾りを外す時期についても道内では地域により異なり、道南では1月7日、それ以外の地域では15日に外す例が多いといいます。また、道南では、クジラ汁が雑煮とは別に食べられることが多いのも特徴で、これは、留萌間での日本海岸沿い、根室までの太平洋岸沿いまで伝わった風習です。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。