学ぶ

公共のマナー!

エスカレーターで空けるのは右?左?

 エスカレーターといえば、片側を空けるのは全国どの地域でも同じこと。関東地区は右を空けて、関西地区は左を空けて……というのはよく知られていること。じゃ、北海道は?右を空けますか?というか、どっちでもいいんです、北海道人は。右を空けたければそうすればいいし、左を空けたければそうすればいい、要は気にするなということです。

 マナーなんてありゃしない。。。基本的には前の人に倣います。前の人が右にいたら右に、左にいたら左に。中には、ど真ん中にど~んといてよける気すらない人もいたり……笑

 でも、傾向はあるでしょう。どちらかといえば右側を空けることが圧倒的におおいです。もしかしたら、そのエスカレーター(とエレベーター)の数が本州に比べて少ないというのも関係しているでしょう。ルール作りがなされていないということです。あるいは、そもそも急ぐ人がいない……そういうこともありそうです。

どーでもいいから並ぶべ?

 JRや地下鉄待ちでのマナーの悪さの例として、北海道人は順番待ちができない……といわれています。地下鉄の場合、特に最も利用者が多い大通り駅(3線乗換駅)では、列がない……という状態です。いやあるにはあるのでしょうね。でもそれは最初に並ぶ数人だけ。

 あとは後ろでごちゃっっと固まっています。列がありません。で、せっかく最初に並んでいても、後ろのごちゃっとしたところにいた人が前の方に押し寄せます。おいおいそんなに来たら降りる人降りれないべさと思いつつも……そんなこと気にしない気にしない。これが当たり前。

 並ぶ……なんて器用なことができないんですね。並ぶなんていうきちきちしたことが嫌い。もう大雑把。だいたいこのあたりに並べばいいだろう……という感覚です。

 じゃ、汽車、つまりJRはどうか……というとこれまたちょっと違う。そもそも地下鉄ほど利用者が多くないということもあるでしょうが、比較的きれいに並びます。3年間札幌駅までJR通いしてましたので断言できますが、割り込み乗車はほぼないに等しいですね。たま~にやる人がいますが。

 特に汽車に乗り込んで列が短くなってきたときに、駆け込み乗車組みが最後のほうにいる並んでいた人の前に割り込みます。どうせ最後の方だから構わないだろう……ということですね。反対のホーム側に長~く列が伸びたとしても、ぐにゃっと折れ曲がって列が続きます。

 列といえばバス(後ろ乗り・前降り)もそうです。めったに列を成しません。バスが来ると同時に駆け込み乗車。さぁ、乗り込もう……ってときに横からススーっと人が割り込んできます。地下鉄は慣れてるけど、バスの割り込み乗車は腹が立つものです。これは北海道だけかどうかわかりませんが、北海道のマナーの悪さの一面ではないかと思っています。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。