学ぶ

内地とは違う学校生活!!

 北海道の学校は道外のほとんどの学校と違うところがいくつかあります。このページではそういった相違点についてです。

北海道の学校は冬休みが長い!!

 北海道は冬休みが長いんだって?うらやまし~い!と思われますか?大丈夫。そのぶん夏休みが短いんですから。北海道の小中高の教育機関はほぼ例外なく、冬休みが夏休みと同じくらいの日数をとります。

 冬休み日数=夏休み日数、そして冬休み開始日=夏休み開始日、冬休み終了日=夏休み終了日と考えてもらって結構です。厳密に言えば土日や祝日などで変わってきますが、夏休みは7月25日くらいからはじまって8月17~19日くらいでおわります。冬休みは12月25日くらいからはじまって翌年1月17~19日くらいにおわります。だいたい一緒の期間です。内地では夏休みが1ヶ月以上、冬休みが2週間程度ですので、大幅に異なります。

 夏休みは、年間を通してみれば暑いですが、内地からしてみればそんなに気温も上がりません。冬休みは、期間が長いと暖房費もかからないというメリットがあります。もっとも最近は室内でテレビゲーム主体の子供がほとんどですが。

体育にはスキー・スケート授業がある北海道!

 北海道は冬休みが終わるとスキー授業が本格化します。スキーを持っていったりスキー靴をもっていったり大変な時期になります。学校の校庭やグランドの片隅にある人口の小山を斜面にして体育のスキー授業が開催。

ほぼ毎回スキーをしますが、事情があるときは体育館でバスケなどをします。1シーズンに2,3回は近くの本当のスキー場へ出向いてゼッケンをつけて(!)本場のスキーを体験できます。またスキー競争の時間もあったりします。これは山の斜面を滑り降りるゲレンデスキーの授業はやらないで、「歩くスキー」といういわゆるクロスカントリーを授業で専門的にする学校で実施します。

たとえば江別市のある学校ではゲレンデでは無く歩くスキーが冬の体育の授業です。実はこの市、実は山がひとつもない平野のまち。ゲレンデをしようにもできません。だから近くにある野幌森林公園で歩くスキー競争大会をするわけです。

 じゃあ北海道の学校で育った道産子たちはみんなスキー上手なんだね!と言われると、いやそれはちょっと……となります。みんなが上手なはずがなく、滑れるとしても上手下手があります。好き嫌いも当然あります。

 そして何よりも、北海道の体育の授業はスキーと決まっているわけではないからです。道東や胆振管内など海沿いの地域では、スケートを授業にしています。だからスキーをやらずにむしろスケートで育ちます。スキーがみんなできるわけではないのは明白です。

冬は体育館だけ~

 豪雪地帯の学校では、新学期が始まると体育の授業はしばらく体育館で行います。なぜってグランドはまだ雪でいっぱいだからです。雪解けを待つことになります。そして10月頃になるともう外での体育が困難になってきます。雪もちらほら降ることもありますしなにより寒いですから。

 冬の間は寒いですので体育館に暖房設備埋め込み又は移動式暖房器具が常備されています。体育館は広いので温まるのに時間がかかるのです。公立小学校に指定の体育着は存在しません。みんなそれぞれ好きなジャージを着て登校します。着替えることなく体育の授業を開始します。内地の学校生活と北海道の学校生活両方を体験したわたしはここに北海道らしさを感じました。

 冬の間床はよくぬれておりよく滑ります。雪が解けて水溜りのようになるわけです。それだけでなく廊下に雪球があったり、教室の窓に丸く雪片がくっついていたりします。窓に雪だまというのは意図しないとできない大きさで、紛れもなく誰かが外から雪だまを投げつけた証拠品です(笑)。

 猛吹雪で臨時休校や集団下校があるのも北海道ならでは。吹雪、ではありません、猛吹雪です。吹雪では休校になりません。台風かのような猛吹雪が起こりやみそうにないと集団下校になることがあります。でも基本的に臨時休校なんて起きませんので期待しないように。

運動会は5月くらいと決まってる!

 北海道だって道産子にしてみれば夏は暑くなります。プール授業だってあります。といっても必ずプールがあるわけではありません。なかにはプール設備自体が設置されていないこともしばしば。

 話はまたまた飛びますが、「運動会」は5月~6月第1週までですよ。これ北海道の常識で内地とは違うところ。だから道内と内地のあいだで夏あたりに引越しした場合、その年は運動会を年2回やるか0回やるかということになりますね。「学芸会」は秋に開催します。芸術の秋ってか?(笑) 

 またまた別件ですが、内地のある学校のグランドを拝見したとき、噴水というかグラウンドに自動で水まきするポイントがありますが、北海道にそんなのは不要。暑い日照りもまれですし。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。