学ぶ

砂糖は道民に欠かせない!?北海道流食べ方

編集部
Written by 編集部

 いわずと知れたビート生産量日本一の北海道。甘納豆入り赤飯や、道東 で主に見られる砂糖(グラニュー糖)をまぶしたフレンチドッグなど、生活 の中にも砂糖が浸透している証拠はたくさんあります。

 ここでは、砂糖など甘党文化のほかに変わった食べ方をいくつか紹介し ておきましょう。道外の人には、ありえない、邪道だなど言われたい放題 の道民でありますが、北海道の文化の一つとして、しっかり受け継いでい きたいものです。

ビート(甜菜)生産量日本一、いや日本唯一
甘納豆入り赤飯
砂糖をまぶしたフレンチドッグ

砂糖+納豆、トマト、エトセトラ

砂糖は道民に欠かせない!?北海道流食べ方 北海道では砂糖をかけることで知られる食品の中に「納豆」があります。 市販の納豆には醤油とからしが入っているパターンが多いわけですが、か けるのは醤油+砂糖です。そしてかき混ぜます。

 かける砂糖の量は好みで、人により異なります。少量かけるのが一般的 でしょうか。道民全員がこのようにして食べているのではなく、一部です。 道民の1割~2割といわれています。また、道外では、秋田・山形・新潟な ど東北・中越各県でも見られます。ルーツについては不明ですが、中越地 方などから北海道に持ち込んだ文化ではないかと思われます。

砂糖は道民に欠かせない!?北海道流食べ方  砂糖は納豆にだけかけるのではありません。「お餅」には砂糖です。こ ちらも砂糖+醤油というパターンが一般的。通称「砂糖醤油」といわれる 好みの分量で混ぜた"醤油"を熱々のお餅にかけて食べます。

 「トマト」をはじめとする果実類にも砂糖がかけられることもあります。 特に夏季によ~く冷やしたトマトを出してきて、薄く切ったり、あるいは 丸ごと、砂糖につけながら食べます。これが子供のころの最高のおやつだ ったとは、よく聞くはなしです。グレープフルーツなど、すっぱい果実に も砂糖をかけていた人もいるようです。

茶碗蒸しも甘い

 「玉子焼き」にも調理の段階で砂糖を入れておくとか、「茶碗蒸し」に 砂糖を入れておくとか、こういった調理例も多く見かけます。ここで北海 道流茶碗蒸しの別の特徴について紹介しましょう。

 茶碗蒸しには甘~い「栗の甘露煮」が1個以上入っているのは北海道式 です。ギンナンが入っているのではありません。味付けは本州のあっさり したものとは違って、はっきりとした甘さが特徴的です。

 茶碗蒸し自体も甘いし、栗も甘いというわけ。温かいプリンだと喜ぶ子 供が多いのも北海道ならでは。この食べ方を受け入れているのは道民の半 数以上に上るといわれています。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。