味わう

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

編集部
Written by 編集部

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

 「やきそば弁当」?何それ?という方、おそらく北海道外の方かもしれませんね。北海道民の認知率は100%に近い、インスタント・カップやきそばのことです。実はこれも北海道限定で、北海道限定食品といえば?の中では基本中の基本でしょう。

やきそば弁当は北海道じゃ常識!!

 全国に流通しているインスタントやきそばといえば、「ペヤングソース焼きそば(まるか食品)」か「日清焼きそばUFO(日清食品)」という王道がいますが、北海道でナンバーワンシェアを占めるのは「やきそば弁当」。丸ちゃんとして有名な東洋水産が、1975年頃から北海道だけで販売している商品です。

 逆に北海道育ちの北海道民に聞いてみて、ぺヤングって知ってる?と聞いてみたらほとんど知らない人が多いのが現実です。そしてやきそば弁当が北海道地域限定だというのを知らない人もいます。それほど「インスタントカップやきそば=(イコール)=やきそば弁当」と定着しています。

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

これがやきそば弁当の特徴!!

 大きさにバリエーションがあって、普通サイズやきそば弁当、少し量が多い大判やきそば弁当、普通サイズの2倍にもなる大きいやきそば弁当までの3兄弟(下の写真参照)。一番の特徴はなんといっても「中華スープ」。え?スープがついてる?そうです。だから「弁当」になります。決してご飯&おかずはついていません笑。

 カップは四角で、カップラーメンの要領でフタを半分開け、かやく・青海苔と粉末中華スープの素の3袋が入っていますので取り出します。で、いったんカップに湯を入れて数分間待ちます。待ったら開けた角とは逆の角にも少し開けるところがあって、そこから湯を切りますが、そのそそぎ先はマグカップの中。マグカップじゃなくても熱いお湯を入れれるカップであればなんでもいいのですが、先ほど取り出した粉末中華スープの素を入れて出来る、なまらうまい本格派中華スープの完成です。

 これが普通のインスタントカップ焼きそばと違う大きな特徴であり、この上質な「おまけ」感覚も北海道民にうけたのですが、実は当初発売記念キャンペーンで付属していたのが始まりのようです。これをしっかり今でも引き継いで、あつい支持を受けています。

やきそば弁当の作り方指南


道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表! 道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

やきそば弁当誕生秘話……

 北海道はかつてから東洋水産のインスタント食品のシェアは高めでした。同じく1975年発売のインスタントのカップやきそば「ぺヤング」が広まる前に手を打たなければと、同年、全国発売にて「やきそば弁当」は誕生しました。結局、ぺヤング上陸前に北海道だけで定着したため北海道限定販売となりました。ぺヤングVSやきそば弁当という構図ですが、これと同じような出来事は、ガラナVSコーラの競争(参照)でも起きています。

 「ぺヤング」が北海道上陸はうまくいかず、「やきそば弁当」が代表格になりましたが、カップめんの王者日清食品もだまっていませんでした。対抗商品として北海道限定「焼きそばできました」を発売しています。また、北海道限定ジンギスカン味も登場させました。しかし、あまり評判は良くなく、いまだにやきそば弁当が上位シェアを保っています。

「やきそば弁当」オンラインご購入はこちら
道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

塩味もやきうどんも登場!?

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

道産子のソウルフード「やきそば弁当」は北海道限定代表!

 最近では、北海道限定としてやきそば弁当「塩」も新登場しています。味も違いますが、中華スープではなくコンソメスープということ。テレビCMにはあの「波田陽区」が登場し、「やきそば弁当に塩味が出たって言うじゃない?でもこの商品北海道でしか買えませんからぁ!!残念ッ!!」といっています。さらには「やきうどん弁当」なんていう商品まで登場してきています。

 現在はタカアンドトシがやきそば弁当のCMに起用されています。シリーズには、サイズが大きめの「大判」、「塩味」、「ちょい辛」、「あんかけ風」、「ナポリタン味」、「たらこ味」が出ています。

 北海道限定販売ということで、北海道内のコンビニやスーパーなど、どこでも手軽に買うことが出来ますが、北海道を出ると基本的に手に入りません。インターネットでの注文もできるそうです。一度、ぜひお試しあれ。

 ほかに、札幌の新名物スープカレーの味を表現した「札幌スパイシー・スープカレーやきそば」なんていうのも登場しています。こちらもインスタント食品のひとつですが、なかなかうまいと評判です。

ホンコンやきそば?

 「ホンコンやきそば」も北海道ならではの人気商品。S&B食品が製造していますが、こちらはカップではなく、袋入り即席麺になります。北海道だけでなく東北の一部、九州の一部でも販売されていましたが、圧倒的支持を得たのは北海道だけでしょう。

 こちらも、1960年代に全国販売をしていましたが、人気のあった地域だけの限定になりました。チキンラーメンを思い浮かべてくれればいいと思うのですが、麺じたいにもうすでに味付けがなされており、フライパンの沸騰した湯の中に麺を入れてほぐしていく必要があります。最後はその上に生卵をちょんと。

 普通のカップラーメンとは作り方も違いますが、北海道ではインスタントやきそばの定番商品。やきそば弁当と同様、ぜひともお試しあれ。ただしオンラインでは1個1個で売っていません、まとめ買いしかできないのですが……こちらから(30食2070円)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。