学ぶ

駒大苫小牧2005の軌跡!!

編集部
Written by 編集部

ぜひとも連覇を!!

 2004年の全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)では、東北以北初、北海道勢初の優勝という快挙を成し遂げ、史上初めて大優勝旗が津軽海峡を越えました。それから1年。地区大会も順調に勝ち進んで優勝し、甲子園への切符を手にした駒大苫小牧。

 今度は優勝旗を返還するという任務がありました。北海道から送り出されるときは、北海道民は「ぜひとも連覇を」という願いを少なからず持ったはずです。でも、まぁ、連覇なんてそう簡単にさせてくれるものじゃないし、これまで史上5校しか成し遂げていない偉業ですから、あまり期待していなかった人もいました。

 もちろん、2連覇を狙ってのぞんだわけですが、プレッシャーもあったそうです。あまりうまくいかずに、春の高校野球選抜では、2回戦敗退という屈辱も味わいました。春の全道大会でも初戦敗退という屈辱もありました。

それでも連覇を!!

駒大苫小牧2005の軌跡!!  そして、やってくれました! 2005年8月20日は記念すべき日になりました。2005年の第87回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で、57年ぶり、史上6校目、戦後では2校目となる2年連続優勝(夏の連覇)を達成したのです。この価値はとてつもなくでかいものです。57年前の出場校の3倍以上の全国4137校の頂点に立ったわけですから。

 北・北海道代表の旭川工業高校は初戦で敗退し、3年連続出場の南・北海道代表の駒大苫小牧に夢を託して北海道へ帰ることに。同じ北海道の代表としてこれができるのが北海道のいいところ。北海道民の中には旭川工よりも、駒大苫小牧のほうが気になるという人がほとんどだったはず。昨年優勝校ですからね。

 駒大苫小牧は初戦(2回戦)を完封勝ちし、3回戦も勝って8強になりました。昨年の優勝の感動を知っている道民は、「まぁまぁこれくらいはね」というフムフム感覚。続く準々決勝での、大差をつけられてからの逆転勝利は、昨年の決勝戦を髣髴させるものでした。

連覇……しちゃった……

駒大苫小牧2005の軌跡!!  準決勝では、「西の横綱」とも言われる大阪桐蔭に勝って決勝戦に駒を進めました。「え?もしかして連覇しちゃうの?」と誰もが思ったはず。高橋道知事も甲子園アルプス席に観戦しに行き、「もう一年北海道で優勝旗をあずかりましょう」とかなんとか言って激励していました。

 決勝戦では京都代表に勝って見事に連覇達成。「……ほんとに連覇しちゃったよ……すげぇやつらだ」。道産子のおじさまがたのお茶の間の声が聞こえてきそうでありました。2連覇を信じていたとはいえ、信じられないですよね。でも本当に、北海道の高校が、夏の甲子園で、なんと2連覇しちゃったのです。

1万点の試合!

駒大苫小牧2005の軌跡!!  大優勝旗は再び北海道の地へ舞い戻ることになりました。まぁ、甲子園に預けた状態でした。キャプテン林くんは「1万点の試合・みんな最高だぁ!」と興奮振りを話し、監督は「なぜ連覇できたかわからない」と話していたのが印象的でした。もともと「われわれは北国のチャレンジャー」と自分たちのことを言っていた監督ですから。

 気になる北海道新聞のトップ記事の状況ですが、昨年度優勝時の前代未聞風な紙面構成ではありませんでしたが、拓銀破綻の時なみのでかさでトップ記事を飾っていました。題字はいたってシンプルに「駒苫 夏連覇」でした。

 また、駒大苫小牧ナインが苫小牧に帰ってくる際の飛行機の中で「深紅の大優勝旗がまもなく津軽海峡を渡ります」(Yahoo!NEWS)「57年ぶりに連覇の偉業を達成された駒大苫小牧高の皆さん、優勝おめでとうございます」(北海道新聞)とのアナウンスがあったとか。全日空も気合が入っています。

駒大苫小牧の応援も熱が入る!!

 駒大苫小牧にはオリジナルの応援曲があるんです。そのタイトルは「チャンス」。駒大苫小牧の90人あまりの吹奏楽部(実は全国大会で2年連続銀賞の実績あり)が演奏して甲子園を盛り上げています。応援団が演奏するとほぼ得点につながるというからすごい曲。野球部の香田監督と吹奏楽部顧問の先生との合作で、「いつかは日本一になる」と2000年くらいにできあがった曲だとか。さらにはチアリーディング同好会も10名いるそうで、今回の中継にも何回か映し出されましたね。

 さらにテレビ視聴率では、決勝戦を放送したNHKとHTBあわせて50%の視聴率だったとか。NHKの最高視聴率は39.7%(札幌地区では最高視聴率31.7%)。また、2局あわせた占拠率もあって、なんと8割という驚異的数値を示したそうです。そのほかにも札幌の大型ビジョンなど、集まって感動を分かち合った人たちも数多くいますから、すごいことですよね。

来年も、V3を狙って!!

 560万の北海道民に感動を与え続けた駒大苫小牧。2年連続で夢と感動をありがとう。

 大変難しいとは思いますが、3連覇をすでに狙っている駒大苫小牧。もし、甲子園で3連覇すると、戦後初で、1973年以来史上2校目というこれまた偉業になります。でも、ぜひ夏3連覇に向かって突き進んでほしいと思います。

駒大苫小牧、2005夏の甲子園の軌跡!!

駒大苫小牧概要

監督: 香田誉士史
主将: 林くん(3年生)
部員数: 97人
うちマネージャー: 3人

1投: 松橋くん(3年生)※
2捕: 小山くん(3年生)
3一: 岡山くん(3年生)
4二: 林くん(3年生)※
5三: 五十嵐くん(3年生)※
6遊: 辻くん(3年生)※
7左: 青地くん(3年生)
8中: 本間くん(2年生)
9右: 山口くん(2年生)
10補・投: 吉岡くん(3年生)※
11補・投: 田中くん(2年生)
12補・捕: 津島くん(3年生)※
13補・投: 岡田くん(2年生)
14補: 三木くん(2年生)
15補: 鷲谷くん(2年生)
16補: 白岩くん(3年生)
17補: 高野くん(3年生)
18補: 佐藤くん(1年生)
※うち2004年優勝メンバー6人・出場経験3人

<南・北海道大会>
室蘭支部 1回戦 駒大苫小牧 11-1 苫小牧南
室蘭支部 準決勝 駒大苫小牧 9-0 えりも
室蘭支部 決 勝 駒大苫小牧 10-0 伊達
南北海道 1回戦 駒大苫小牧 6-4 札幌第一
南北海道準々決勝 駒大苫小牧 5-0 札幌国際情報
南北海道 準決勝駒大苫小牧 9-0 駒大岩見沢
南北海道 決 勝駒大苫小牧 5-4 北照

<2005年8月11日>2回戦第2試合
駒大苫小牧 5-0 聖心ウルスラ(宮崎県代表)

聖心ウルスラ0 0 0 0 0 0 0 0 00
駒大苫小牧1 0 0 1 1 0 2 0 X5

エース松橋くんが2安打完封と大活躍し、快勝。

<2005年8月15日>3回戦第2試合
駒大苫小牧 13-1 日本航空(山梨県代表)

日本航空0 0 0 0 0 0 0 1 01
駒大苫小牧1 5 0 1 1 1 3 1 X13

16安打でどんどん点をとっていった圧勝の試合。12奪三振の2年生の田中くんの好投も光った。大会62回目の毎回奪三振はこの試合で、田中くんと吉岡くんの2人で実現させた。また、大会タイ記録となる21人目の1試合最多二塁打3の記録は岡山くん。この試合での辻くんのホームランは大会通算1100本目の節目の本塁打だった。

<2005年8月17日>準々決勝第2試合
駒大苫小牧 7-6 鳴門工(徳島県代表)

鳴門工2 0 1 0 0 0 3 0 06
駒大苫小牧1 0 0 0 0 0 6 0 X7

北海道勢としては春夏通じて通算90勝目の節目となった試合。この試合ではまるで昨年の決勝戦を見ているような見事な逆転劇を演じた。5点差とされ6-1となった7回裏に、なんと打者11人で6点をもぎ取って6-7の逆転に成功した感動の試合。

<2005年8月19日>準決勝第2試合
駒大苫小牧 6-5 大阪桐蔭(大阪府代表)

駒大苫小牧0 5 0 0 0 0 0 0 0 16
大阪桐蔭0 0 0 0 0 0 3 2 0 05

延長までいった健闘した試合。相手ピッチャーが序盤うまくいっていなく5点先取。しかし7回と8回で立て続けに5点取られて5-5の同点。9回で決着つかず延長10回で1点とり、その裏でおさえて勝利。2連覇の偉業に王手をかけ、決勝へ進出した。前年度優勝校の決勝進出としては1984年の大阪府のPL学園以来21年ぶり。連覇すれば57年ぶり6校目。

<2005年8月20日>決勝
駒大苫小牧 5-3 京都外大西(京都府代表)

京都外大西1 0 0 0 0 0 2 0 03
駒大苫小牧1 0 0 0 1 1 2 0 X5

南・北海道大会室蘭支部予選以来準決勝まで11試合連続無失策試合記録だったが、この試合で2失策してしまい、12試合連続はならなかった。初回に1点取り合ってその後膠着、5回と6回に1点ずつ取るものの7回に2点取られて同点に追いつかれ3-3の同点に。しかしその裏で2点取り返し、その後点は入らず試合終了。1947年1948年に連覇した福岡県代表の小倉高校以来 57年ぶり6校目の夏連覇、1県1校制度になってから初の連覇。


駒大苫小牧公式サイト内2005年連覇特集ページ(選手紹介ほか)
北海道新聞号外一覧
北海道新聞写真ドキュメント一覧

大旗は海峡を越えた―駒大苫小牧野球部の軌跡駒大苫小牧2005の軌跡!!
田尻 賢誉(著) 日刊スポーツ出版社240ページ
オススメ:★★★★★

 初優勝をした駒大苫小牧野球部を中心に、北海道の高校野球事情に迫る納得の一冊。なんで駒大苫小牧は強い? これを読むと香田監督の指導の仕方が見えてきます。駒大苫小牧の秘密が見えてきます。駒苫ファンなら、ぜひ読んでみたい本ですね。

全国制覇 駒大苫小牧―2004夏 甲子園熱闘ドラマ駒大苫小牧2005の軌跡!!
北海道新聞社
オススメ:★★★★

 駒大苫小牧ファン必見の一冊。駒大苫小牧が初優勝した2004年を記念して発行され、駒大苫小牧の活躍ぶりを振り返ることができます。写真が多く、選手たちのコメントもあって、保存版になりそうですね。


駒大苫小牧2005の軌跡!!
駒大苫小牧2005の軌跡!!


駒大苫小牧2005の軌跡!! 2.駒大苫小牧2005の軌跡!!

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。