"> ">ワカサギとチカってどう違うの? 釧路市立博物館の水産学博士に聞いてみた – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

ワカサギとチカってどう違うの? 釧路市立博物館の水産学博士に聞いてみた

【釧路町】 北海道の冬の楽しみの一つ、氷上のワカサギ釣り。厳冬期の1月~3月上旬にかけて、湖や沼に張った氷にドリルで穴を開けてワカサギを釣るのだが、群れに当たると入れ食いになることもあって、休日には多くの太公望や家族連れが訪れる。

実はこのワカサギ、川でも釣れるのをご存知だろうか?道東では厳冬期になると川の下流付近に張った氷に穴を開けて、ワカサギやチカ、キュウリウオなどが釣れるのだ。そう言えば道内のスーパーでよく売っている、あの「チカ」という魚。あれってワカサギによく似てるけど、大きさ以外にどう違うの?という疑問が。それならばと、釧路町を流れる2つの河川で実際に両方釣ってみようということにした。

ワカサギとチカってどう違うの? 釧路市立博物館の水産学博士に聞いてみた まずは釧路川下流へ。ここは釧路市内に近いこともあって、多くの釣人がテントや釣り座を構えて楽しんでいる様子。さっそくアイスドリルで氷に穴を開け仕掛けを入れると、群れに当たったのか20cm以上の大きなチカが入れ食いに。2時間後にはアタリがやや収まったが120匹以上の大漁!ビニール袋がズシリと重い。

次は釧路川にほど近い別保川へ。今度は1つの穴から大きさが違う似たような魚が釣れる。これって大きいのがチカで、小さいのがワカサギ?ここはひとつ専門家にお伺いしようと釧路市立博物館へ。水産学博士の針生学芸員に判りやすく教えて頂いた。

― ワカサギとチカって、どう違うんでしょうか?
「まずは大きさを見て下さい。このように大きな魚体の場合はチカになります。ワカサギはここまで大きくなりません。」
― なるほど。でも小さいチカだった場合はどう見分ければ?
「ヒレの位置を見て下さい。背ビレの始まりが腹ビレより前にあるのがチカ、腹ビレより後ろにあるのがワカサギです。」(※写真下:左がチカ、右がワカサギ。背びれの位置が違う)

ワカサギとチカってどう違うの? 釧路市立博物館の水産学博士に聞いてみた ワカサギとチカってどう違うの? 釧路市立博物館の水産学博士に聞いてみた

確かに、大きさだけでなく見た目も微妙に違うのであった。ただどちらの魚も、釣りたてを天ぷらやフライにして食べると臭みもなく、ほんのり甘みが感じられて本当に美味しい。皆さんも寒さを楽しむぐらいの気持ちで、氷上の穴釣りにチャレンジしてみてはどうだろう。


注意:多くの湖と違い、河川での穴釣りは漁業協同組合が管理していないので、氷が薄く危険な場所もある。出かける時は必ず、釣り場に近い釣具店で最新の情報を得るなど、細心の注意を払って楽しんでほしい。

協力:釧路市立博物館 http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

筆者について

五位野健一

五位野健一

1969年釧路生まれの自称不動産投資家で大家さん。通称ゴイケン。 長年の東京生活を離れ、現在は郷里で中古不動産の再生&賃貸業を営む。 「クシロマニア」では日本の他にない、道東ならではの情報を探している。 将来は自分のアトリエを持ち、アーティスト活動を目論んでいる様子。【Sクラス認定ライター】