トピックス

コンテストで大賞受賞!羅臼高校生が考案した「らうす紅白揚げ」とは

コンテストで大賞受賞!羅臼高校生が考案した「らうす紅白揚げ」とは

みなさんこんにちは。 オホーツク観光大使ラウフェンCukaです。 こちらの記事では、laufenが担当しているAir-G'(FM北海道)の番組「laufenのkita-note」で知床、オホーツクについて取材した模様を文字と写真でリポートします。

<第18回ゲスト>北海道羅臼高等学校三年・相原美沙さん(2014年10月16日放送)

―― laufenのkita-note、Cukaがお送りしています。 9月に札幌で開催された『高校生チャレンジグルメコンテスト in HOKKAIDO 2014』。 北海道内の各高校のチームが北海道の食材を使い、様々なアイデアを振り絞って考案したメニューを会場内で実際に食べることができるというイベントだったのですが、その中で北海道羅臼高等学校の生徒さんが作った「らうす紅白揚げ」が、なんとチャレンジグルメ大賞を受賞しました! こちらのイベントではlaufenもライブ出演し、私もすごく嬉しくなっちゃって番組で紹介させていただくことになりました! 今、その「らうす紅白揚げ」を考案した羅臼高校三年の相原美沙さんとお電話が繋がっています。 もしもし!(Cuka)

相原:もしもし!

―― 今日はよろしくお願いします。 相原さんは、羅臼高校普通科の三年生なんですよね。 普段からお料理に関する授業とか、クラブ活動はされていますか?

相原:はい、私はフードデザインという科目を取っていて、色々な料理をしたりお茶のことや食事のマナー等を勉強しています。

―― 今回相原さんがリーダーになって開発した「らうす紅白揚げ」なのですが、このお料理はどんなお料理なのか改めて教えてください。

相原:イカの入ったイカチリソースとタコでできたタコのすり身を、それぞれイカパウダーを入れた特製の皮に包み、低温でカリッと揚げたものです。

▼2014年に受賞した「らうす紅白揚げ」
コンテストで大賞受賞!羅臼高校生が考案した「らうす紅白揚げ」とは

―― 私も紅白揚げを食べさせていただいたのですけど、すごく美味しかったです!メニューを作るときにみんなでアイディアを出しあって作ったのですか?

相原:はい、最初は今とは違うハンバーグみたいなものができたのですけど、みんなで改良を進めて今の「らうす紅白揚げ」ができました。

―― ハンバーグも気になりますね! 羅臼高校は昨年も「らうす大漁焼」というメニューでチャレンジグルメ大賞を受賞されたということで、他にも色々食べてみたくなっちゃいます!

相原:ありがとうございます!

▼2013年に受賞した「らうす大漁焼」
コンテストで大賞受賞!羅臼高校生が考案した「らうす紅白揚げ」とは

―― 今回のメニューを作るに当たって、ここがちょっと苦労したとか、そういうのはありましたか?

相原:イカのチリソースの味の調整や、皮の大きさとか形に一番苦労しました。 最初はもう少し小さかったんですけど、本番当日はもう少し大きい皮にして具とかがはみ出さないようにしました。

―― なるほど、こういう中に包んであるものって、食べたら反対側から出ちゃうことがありますよね(笑)

相原:そうですね(笑)

―― 確かに大きい方が安心ですね、すごく美味しかったです。 相原さんは普段からお料理はよくするんですか?

相原:はい、小さい頃から親の手伝いで、料理をほぼ毎日しています。

―― えっ、すごいですね!毎日しているんですね! 相原さんの得意なお料理は?

相原:オムライスですね。

―― オムライス! 北海道の食材ではどんなものが好きですか?

相原:私はイカが一番好きです。

―― 相原さんは高校3年生ということで来年は卒業ですよね。 卒業後の進路とか将来の夢とかはありますか?

相原:卒業後の進路はまだこれからなんですけど、調理関係の仕事に就きたいと思っています。

―― 相原さんの作るお料理が、もっと沢山の人に食べてもらえる日が早く来るといいですね!

相原:ありがとうございます!

―― 相原さんが考える北海道、知床、羅臼らしい音ってどんなものでしょうか?

相原:海の波音とか、森から聴こえる動物の鳴き声とかですかね。

―― 森に囲まれていて海があって、自分も知床に昔住んでいたときそういう音を感じていました! この時間は北海道羅臼高等学校3年の、相原美沙さんにお話を伺いました。 相原さんありがとうございました!

相原:ありがとうございました!

「ハイスクールフェス2014 in らうす」
11/15(土)に「ハイスクールフェス2014 in らうす」が10:30~14:00に羅臼町公民館・羅臼町町民体育館で開催されます。 「らうす紅白揚げ」の出店もあります。当日はぜひ会場へ足を運んでみてください!詳細はこちら(PDF)北海道羅臼高等学校

Air-G'(FM北海道)毎週木曜日19:30~19:55放送中「laufenのkita-note」ではお便りを募集しています。 あなたが感じる「北海道の音」って何ですか? これが聴こえるとほっとする、北海道に帰ってきた!と感じる音、北海道のCMソングなど その他ラウフェンへの質問、メッセージ、何でもOKです。 宛先はkita@air-g.co.jpまで!こちらのフォームからもメッセージを送れます!
スマートフォンアプリを使えば全国どこでも番組を聴くことができます。パソコンからも、radikoで聴くことができます!
番組ホームページ
スマートフォンアプリ
radiko

Cukaがボーカル担当の音楽プロジェクトlaufen:
laufenウェブサイトlaufenFacebookページ

AirBookmark

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。