トピックス

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

みなさんこんにちは。 オホーツク観光大使ラウフェンCukaです。こちらの記事では、laufenが担当しているAir-G'(FM北海道)の番組「laufenのkita-note」で知床、オホーツクについて取材した模様を文字と写真でリポートします。

<第40回ゲスト>北見オクトーバーフェスト実行委員会・長南進一さん、北見観光協会・大西基さん(2015年10月1日放送)

―― laufenのkita-note、Cukaがお送りしています。 先日きたみ菊まつりについてご紹介しましたが、北見はそれ以外にも秋の楽しいイベントが満載です! 今週のこの時間は、10月21日から開催される北見オクトーバーフェストについて、実行委員会の長南進一さんと、北見観光協会の大西基さんにお話を伺います。 イランカラプテ!(Cuka)

長南・大西:イランカラプテ!

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

―― 先日紹介したきたみ菊まつり(記事はこちら)と同じ時期に開催されるオクトーバーフェストは、どういったイベントなのですか?

長南:本場のドイツでは200年以上も前から続いているビール祭りです。 大体9月の後半から10月の頭にかけて16日間、世界からは700万人くらい集まるんだそうです。 収穫祭ということもかねて秋の食べ物がたくさんあったり、移動のサーカスが来たりパレードがあったり、ビール祭りですから1リットルビールをジョッキでガンガン飲むようです。

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

―― 今回の北見オクトーバーフェストは、どのぐらいの期間開催されるのですか?

長南:10月21日から24日までの4日間開催します。 1日目から3日目までが夕方5時半から9時半、最終日だけは1時間早くなりまして、夕方4時半から9時半までです。 最終日には銘柄もたくさん用意してあります。

―― 1回行った人もまた行きたくなっちゃいますね!

長南:はい、そして4日間毎日違うビールが出ます。

―― すごいですね、ビール好きの方にはたまらないと思います。 このイベントでは世界のビールや日本の地ビールが楽しめるということなのですが、スーパーやコンビニに売っているお馴染みのビールとはどう違うのでしょうか?

長南:まず、今回のオクトーバーフェストでは、全部で52種類のビールが出ます。

―― そんなにですか!

長南:はい、その中でナショナルブランドと言われるものはほとんどありません。 ドイツから直輸入したものとか、あるいは全国の都道府県で作られている地ビール、クラフトビールばかりなんです。 全国都道府県から地ビールを出したいなということで、ずっと取り組んできました。 ところが残念ながらもう地ビールを作っていない都道府県もあったりするんです。 ただ逆に、最近はクラフトビールと言われる、若い作り手のビールがどんどん増えてきています。 都道府県関係なく、全国色々なところで若い人たちが美味しいビールをたくさん作ってくれています。

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

―― 各地のビールが飲めるということですが、地元オホーツクのビールでおすすめのものはありますか?

長南:オホーツクビールではエール、ピルスナー、マイルドスタウト、ヴァイツェンという基本的な4種類のビールがあるのですけど、このオクトーバーフェストの為に「オホーツクの香り2015」という新しいビールを出していただくことになりました! 北見はハーブの街でもあるので、北見市内で採れる有機栽培のハーブ、レモングラスやレモンバームなどを使って、醸造の中に取り入れて、オホーツクの香り豊かなビールを作っていただけることになります。

―― これはとても楽しみですね! その他にオリジナルグラスを販売していると聞いたのですが?

長南:基本的にはプラスチックのカップで提供させていただいているのですが、毎年違うデザインで年号のロゴが入ったオリジナルグラスを販売しております。 他のプラスチックのコップより量が多めに入るかと思います。

―― ビールが進むとおいしいものも食べたくなりますよね、おつまみやお食事はどんなものがありますか?

長南:フードメニューには、オホーツク産ホタテの串揚げ、サロマ湖産ホタテのバター焼き、北見産オニオンコロッケ、北見産米なすの田楽焼きなど、地産地消にこだわって食材を揃えております。 会場内で調理して、暖かい状態で皆様に食べていただくことができます。 ドイツのビールもありますので、ドイツ産のソーセージもご用意してあります!

―― できたてホカホカのものを食べながらビールが飲めるんですね。 ビールが苦手な人が飲めるものはあるのでしょうか?

長南:バーテンダー協会さんの協力でカクテルコーナーも設けておりまして、その場でバーテンダーの方に20種類以上のカクテルを作っていただけます。 また、ノンアルコールカクテルやノンアルコールビールもご用意いたしますので、お酒の苦手な方でも存分に雰囲気を楽しんでいただくことができます。

新ビール含む全52種のビールが飲める!北見オクトーバーフェスト2015

―― 開催場所、入場方法、チケットの料金や販売場所を教えてください。

大西:開催会場は、まちきた大通ビルパラボ5階、催事場です。 JR北見駅、北見バスターミナルより徒歩3分で会場に移動できますので、とても便利な場所になっております。 前売りチケットにつきましては1枚2,000円で、ビール又はカクテル4杯分お楽しみいただけます。 また、当日券は2,200円となっております。 前売り券の販売個所は、北見市内の日専連ニックコーポレーション、北見商工会議所、北見観光協会で取り扱っております。 北見観光協会は土日祝日も営業しています。 また、北見観光協会では北見市外のお客様に前売り券の予約も受付けておりますので、お電話にてご予約のご連絡をいただければと思います。

―― 長南さんが考える北海道、北見らしい音というのはどんなものでしょうか?

長南:北見はハッカの産地なのですけど、干して渇いたハッカの葉を手の中に入れて両手で揉むんです。 そうするとカサカサカサと渇いた軽くて柔らかい音がするのですが、これが一番北見らしいかなと思います。

―― 北見オクトーバーフェストは、10月21日から24日まで開催されます。 22日には私達laufenのステージもありますので、是非遊びに来てくださいね!ありがとうございました。

北見観光協会ホームページ

Air-G'(FM北海道)毎週木曜日19:30~19:55「laufenのkita-note」放送中! スマートフォンアプリやradikoを使えば全国どこでも番組を聴くことができます。
番組ホームページ
スマートフォンアプリ
radiko

Cukaがボーカル担当の音楽プロジェクトlaufen:
laufenウェブサイトlaufenFacebookページ

AirBookmark

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。