旅する

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

みなさんこんにちは。オホーツク観光大使のラウフェンくかです。 私の故郷の知床・斜里町ウトロでは、今年(2017年)の1月30日から新しい冬のイベントがはじまりました。 その名も「知床流氷フェス2017」!

惜しまれつつ昨年で30年の歴史に幕を閉じた知床ファンタジア「オーロラファンタジー」の後継イベントなのですが、どんな内容なのかとっても気になっていたので、先日知床まで行って体験してきました。

今回は冬の知床の夜を満喫するまったく新しい体験型イベントということで、期待が高まります! 流氷フェスの会場は二種類ありますが、まずはグリーンステージからご紹介します。

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

グリーンステージ

会場は国設知床野営場。 夏の間はキャンプ場として使用されています。

こちらは入場料が500円で、ホットワインかホットコーヒー、そして最近人気急上昇中の知床のキャラクター「トコさん」のバッジがもらえます。 冬の野外イベントですので、温かい飲み物はとてもありがたいですね!

▼トコさんバッジ
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

冬の森の中で焚き火にあたり、体も心も温まる

会場のいたる所に設置してある焚き火。 知床野営場は森に囲まれた場所なので、冬にその中で焚き火にあたるというのがとても新鮮でした。

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

鮭トバ・チーズ・マシュマロのプレートを、付属の竹串で焚き火に炙って食べたり、コーヒーを自分で挽いてその場で飲むこともできます。 1人で雰囲気を楽しむのもいいですし、焚き火を囲んで周りの人と一緒に会話を楽しむのもいいですね!

▼自分で挽いて飲むコーヒー
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

アイスドームとアイスバー「Bar the ICE」で別世界への旅

会場の中でもひときわ目立つアイスタワーとアイスドームは、造形作家のタケナカヒロヒコさんが、地元の漁師さん等の協力を得て作り上げたものです。

▼アイスドームとアイスタワーの日中と夜の様子
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート! 知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

▼造形作家タケナカヒロヒコさんと
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

▼アイスタワーの先端部分
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

外から見ても素敵ですが、中に入るとそこにはまた別世界が! 氷の森のような、氷のお城のような……幻想的な雰囲気でした。 1つ1つの氷がまるで生きているような感じで、その造形を見ているだけでつい時間を忘れてしまいそうになります。

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

制作中はウトロの気温がそれほど下がらなかったため、それで逆に個性的な氷の色や形になったとタケナカさんはおっしゃっていました。 漁師さんによると、氷の色が流氷の薄い青い色に近いとのことだったので、それもまた驚きですよね。

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

奥に進むと営業しているのが「Bar the ICE」。 カウンターのテーブルを支えているのは、なんと野営場に生えている木で、この木を囲むようにバーを作られたそうです。 素敵な雰囲気の中飲むお酒は格別の味!

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

▼カウンターのテーブルの下に生えている木
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

▼天井が森と繋がっている部分も
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

取材した日は風が結構強かったのですが、ドームの中に入っているとそれを全く感じませんでした。 風の動きを読んで建てる場所も決めたそうです。

飾ってある木の看板に「ここでしか見れない形 ここでしか味わえない味 今日、今年しか感じれない事……」という素敵な言葉が書いてありましたが、まさにその通りだと思いました。

今話題のグランピングのデモ展示

グランピングとは簡単に説明すると、手ぶらで気軽に行ける豪華なキャンプという感じで、ここ数年日本でも注目されています。 今回流氷フェスでは、グランピング発祥の地と言われるイギリスでも実際に使われているテントがデモ展示されています。

▼合同会社エアロスミス山田敏也さんと
知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

知床の夜を満喫する新しいイベント「知床流氷フェス」をリポート!

照明でおしゃれに光る大きなテントですが、中に入ってみるとそこはまるで部屋のようでした! 下に断熱材を敷いているので思ったよりも暖かくて、暖房も入っていたので外が真冬だということも忘れてしまう程です。これだけ豪華だと、「住んでみたい!」と思ってしまいますね(笑)。

AirBookmark

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。