旅する

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

オホーツク観光大使・ラウフェンくかです!

皆さん、レーシングカートを運転したことはありますか? 子供の頃にゴーカートに乗ったことがあるという方は多いと思いますが、レース用のカートにも乗ったことがある方はあまりいないかもしれません。

今回はそんなレーシングカートを気軽に楽しめる、「北見富士カートサーキット」をご紹介します。私も大好きな場所で、laufenのオホーツク方面でのライブが終わったあと、札幌に戻る途中によく寄るんですよ!

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

レトロな看板が立ち並ぶ、のどかなカートサーキット!

北見富士カートサーキットは、北見市留辺蘂町の滝の湯地区にあります。札幌や旭川方面からだと、石北峠を超えてから少し進んだ場所にありますが、道路から看板が見えるのでわかりやすいです。

駐車場に車を停めてからサーキットに向かう途中にはこんな看板が。

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

なかなか年季が入っています。
その先には料金や営業時間等の説明が書かれた看板が立っています。

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

料金は1周200円、3周500円、7周1,000円と、とてもリーズナブル!

営業時間は「AM10:00~日没」と書かれていてとてもワイルドですが、その下には「AM9:00~日没」という表記の別の看板も……。どちらが正しいのかわかりませんが(笑)、日没に営業が終了するのは間違いなさそうです。(日没は春・秋17:30、夏18:30頃が目安)

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

使用目的の一部には「モータースポーツに対する知識、技術の向上のみならず、人間形成の一助とする事を目的とする」という素敵な言葉も書いてあります。

サーキットに入ると受付のおじさんがいるので、何周走りたいかを伝えるとカートを用意してくれます。

10歳以上で、身長が130cm以上であれば誰でも乗ることができますが、10歳以下の子供でも保護者の方と相乗りであれば乗れるそうです。右足でアクセル、左足でブレーキを踏み、ハンドルを操作するだけなのでとても簡単!

▼見た目はボロボロですが、ちゃんと走ります
レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

レーシング用のカートということで、速いものだと時速110kmも出るものがありますが、安全面も考えて中・上級者向けのカートは最近はあまり出していないとのこと。

それでも初心者用のカートで時速60kmも出るので、普通のゴーカートの速度が時速20~30kmぐらいであることを考えると十分に速いですよね。

しかもカートは普通の車と比べて座る位置が低いのと、目線も地面に近いので体感スピードは実際のスピードの2倍~3倍と言われているんです。おそらくこれが、私がカートに夢中になった原因だと思います。とにかく気持ちがいいんです!

▼コンタクトレンズをつけている場合はサングラスを貸してくれます
レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

コースは全長500m、最大直線120m、幅員8~10mと、短めでシンプルではありますが、だからこそ奥が深く、何周もしているうちに少しづつ早く周れるようになっていくのが面白いです。一人でももちろん楽しめます。

レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

サーキットには年季の入ったものが沢山置いてあり、それがまた独特の味になっていますが、いろいろ謎が多い場所だったので受付のおじさんにお話を伺いました。(※ご本人の希望で、お名前は「ゴーカートおやじ」と表記します。)

▼使っていない車を有効利用
レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

▼レトロ感あふれる建物(「牛乳ようかん」という看板も)
レトロ空間で本格的なカートを楽しむ!北見富士カートサーキット

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。