旅する

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

オホーツク観光大使・ラウフェンくかです! 私の故郷斜里町には、「知床八景」と呼ばれる知床を代表する八つの景観があります。

その中の一つにもなっているのが知床峠。定番の観光スポットとして人気のある場所ですが、近年は北海道屈指の星空スポットとしても注目を浴びています。

まずは知床峠がどんな場所なのかを、ご紹介したいと思います。

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

知床峠とは

知床峠は知床半島の斜里町と羅臼町を結ぶ知床横断道路が通る、標高738mの峠です。

この区間は気候の変化が激しく、雪崩や崖崩れなども起こり道路管理に厳しい条件となっています。そのため、例年10月下旬から4月下旬頃まで、羅臼町湯ノ沢から斜里町字岩尾別道道交差点まで23.8kmの区間が冬期通行止めとなります。冬季全面通行止めになる国道は道内唯一で、日本で一番開通期間が短い国道でもあるんです。(知床横断道路についてはこちらも参照)

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

道路自体も1963年(昭和38年)から膨大な時間と巨額の費用をかけて建設され、1980年(昭和55年)の開通までなんと18年もかかっていることから、本当に厳しい自然環境であることがわかりますね……!

▼峠の石碑に刻まれた文面
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

▼油圧ショベルとロータリー除雪車による除雪作業
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

知床峠の見どころ

知床峠は駐車場やトイレが完備されていて、眼前にそびえる羅臼岳やハイマツの樹海、そして天気が良ければ北方領土の国後島を望むこともできます。

7月下旬頃でもまだ残雪を見ることができるのも特徴で、秋は紅葉の名所としても知られています。

▼峠から羅臼側に下った標高650m地点の通称"見返り坂"から見た紅葉
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

運が良ければ、雲海と朝日を同時に楽しむこともできるので、道路の開通期間は常に絶景が満載と言えるでしょう。

▼朝日と雲海(国後島を望む)
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

知床横断道路が開通する前の4月上旬には、毎年「知床雪壁ウォーク」というイベントも開催されています。3月からはじまる道路の除雪作業によって、道の両脇に高い雪の壁(3m~8m程度)ができるので、その間を歩いて一足先に開通前の道路を楽しむことができます。

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

AirBookmark

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。