旅する

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

世界遺産で見る天然プラネタリウム

ここまでだけでも、知床峠が十分魅力的な場所であることはおわかりいただけたと思いますが、私が一番オススメしたいのは峠で見る満天の星です。

北海道には沢山の星空スポットがありますが、周りに人工の明かりがここまでない場所は中々ないと思います。

周りに明かりがないと星がより一層輝いて見えるので、天然プラネタリウム状態になります! 天の川も肉眼ではっきりと見ることができます。

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

子供の頃見に来た時は、毛布を持ってきて地面に横になりながら星を見ていたのを覚えていたので、今回も同じようにしてみました。

あお向けになりながら星空を見ていると、まるで宇宙と繋がっているような感覚になります!(車や歩行者には十分気をつけましょう)

この日は途中から月が出てきて星空が少し見えづらくなってしまいましたが、月明かりによって照らされた雲海もまた幻想的で素敵でした。

星だけをじっくり楽しみたい場合は、新月付近の時を狙って見に行きましょう。

▼月明りと雲海
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

知床峠は4月下旬頃に開通したあともしばらくは夜間の通行規制があり、24時間通行可能になるのは5月下旬頃からになります。

開通期間中でも、雪や凍結の恐れなど、夏タイヤで通行出来ないと判断された場合は通行止めになります。(世界遺産登録地域なので、環境に配慮して凍結防止剤や砂利を撒けない)

また、羅臼町では9月頃からイカ漁が始まり、イカ釣り漁船の明かり(漁火)は星空の輝きに影響を与えてしまいます。

逆に漁火との組み合わせを楽しむというのも面白そうですが、いろいろ考慮すると星だけを見るなら6月~8月頃がベストかもしれません。

星空観賞は天候にかなり左右されてしまいますが、晴れた時は本当に素晴らしい景色を見ることができますので、一度見られなくても諦めないでまたチャレンジしてみましょう。

峠は寒いので、防寒対策はお忘れなく! 念のためヒグマ対策もしておきましょう

▼月明りと羅臼岳
知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

いかがでしたか?

斜里町は蜃気楼や夕日の名所としても知られていますので、日中は蜃気楼を、夕方には夕日を、そして夜には星空を……というスペシャルコースも運が良ければ楽しめるかもしれませんね!

他にも知床には魅力がたっぷりありますので、ぜひ遊びにいらしてください!

取材協力
知床斜里町観光協会
所在地:北海道斜里郡斜里町本町29-8 斜里町産業会館 1F
電話:0152-22-2125
公式サイト

(写真提供:知床斜里町観光協会/克(laufen)※星空とその他一部)

知床峠は宇宙に繋がっていた!? 世界遺産で北海道屈指の星空を見よう

Cukaがボーカル担当の音楽プロジェクトlaufen
laufenオフィシャルウェブサイト
laufenFacebookページ

筆者について

ラウフェンくか

ラウフェンくか

2011年4月1日、札幌を中心に活動するlaufen・Cukaの故郷が世界自然遺産知床・斜里町であることから第14代オホーツク観光大使に任命された。2013年3月に連載スタートした「オホーツクまち発見!!旅紀行」では、オホーツク各地の魅力を発信する。