苫小牧市の製菓といえば「三星」。1964年設立の会社です">
 苫小牧市の製菓といえば「三星」。1964年設立の会社です">日本一食べづらい「よいとまけ」とは? – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

日本一食べづらい「よいとまけ」とは?

編集部
Written by 編集部

 苫小牧市の製菓といえば「三星」。1964年設立の会社ですが、前身は小林多喜二の伯父が1898年に小樽市で創業したお店。1912年に苫小牧市に移転し「小林三星堂」になりました。看板商品の「よいとまけ」に代表されるように、ハスカップのお菓子屋として定着しています。

 三星は明治31年創業の歴史あるメーカーです。パンや和菓子、洋菓子の老舗として知られています。この製菓の特徴は、ハスカップのお菓子でしょう。

 ハスカップは苫小牧市の勇払原野に自生している植物です。そんな勇払原野に実るハスカップを使って開発・発売したのが「よいとまけ」というわけ。1953年のことでした。

 初代社長が苫小牧のお菓子を……とつくり、当時1本50円で販売しました。当初は苫小牧産を摘み取っていたわけですが、勇払は工業化が進んでしまったことから、美唄市からのハスカップ"輸入"が行われています。

日本一食べづらい「よいとまけ」とは?


 よいとまけは、ロールカステラの外側にハスカップジャムを塗り込んだケーキ。ロールケーキのように切り分けていただきます。ハスカップの酸味が、あまいロールカステラの甘さにアクセントとなっています。

 表面にべとべとのジャムがコーティングされているわけですから、手づかみはちょっと厳しい……。ゆえに、「日本一食べづらいお菓子」という称号までもらってしまった「よいとまけ」ですが、第22回全国菓子大博覧会で受賞するなど、味は一級品。

 ところで、インパクトのある「よいとまけ」という名前はいったい?「よいとォまいたァ」という掛け声が名前の由来だとか。苫小牧市の大手製紙工場では、原料の丸太を積み下ろしていたわけですが、その時の掛け声が「よいとまいたー」だったとか。

 お菓子の形も丸太状、名前の由来も苫小牧の一大産業の風景からとられたというわけ。いちど、地元特産のハスカップを使ったお菓子「よいとまけ」をご賞味あれ。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。