"> ">ハート形を探せ! 道内にはハート形の湖やハート形の島もある! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

ハート形を探せ! 道内にはハート形の湖やハート形の島もある!

編集部
Written by 編集部

【積丹町・えりも町】広い北海道には、自然が作り出した美しい場所が存在する。しかし、陸地からでは分からない魅力もある。上空から見ないとその素晴らしさに気付けない場所が道内にはあるのである。例えば、ハート形。道内でハート形の自然地形といえば、あなたはどこを思い浮かべるだろうか。

有名なのは、石屋製菓のCMでお馴染み、ハートレイクである。上空から見ると、綺麗なハート形をしており、ちょっぴり幸せな気持ちになれたりもするものである。このハート形の湖はどこにあるかご存じだろうか。

場所は、えりも町。日高山脈の山中、標高260mほどのところにある。この湖は「豊似湖」と呼び、周囲1kmほどの湖であるが、上空から見ると見事にハート形。これが自然にできたと言うのだから驚きである。なお、この湖は、凹部分が南側なので逆さ型。それゆえに馬蹄湖とも呼ばれているらしい。

地上からは、ヒグマも出没するダート道をひたすら10km弱、車で走行しなければならない。地上からではハート形には見えないので注意が必要だ。ただ、そこから、展望地点までトレッキングすれば、ハート形が見えなくもない。駐車場から片道約2km・2時間かけて沼見峠まで歩くと、若干ではあるが、ハート形に見える場所に到達できるのである。なお、ヒグマ出没地域であり単独行動は危険なので注意。

写真:「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」昭和52年度

大きな地図で見る

ハート形を探せ! 道内にはハート形の湖やハート形の島もある! ハート形の湖もあれば、ハート形の島もあるのをご存じだろうか。場所は積丹半島の先端の町・積丹町美国にある。積丹三大岬の一つである黄金岬の300mほど沖にある小さな島「宝島」が、そのハートアイランドである。童話に出てきそうな名前だが、命名の由来は、かつてニシンの大群が押し寄せ、巨万の富をもたらしたことから付けられたのだそうだ。

宝島へは橋があるわけでもないので、簡単に上陸できないが、黄金岬からは目と鼻の先にあり、その姿を陸地から見ることができる。上空から見ないとハート形には見えないので、ハート形なんだと思いながら、イメージしながら訪れると良いかもしれない。

写真:「国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省」昭和51年度

大きな地図で見る

自然が作り出したハート形の島や湖を紹介したが、カップルたちの聖地として是非訪れてみてはいかがだろうか。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。