海氷結氷の南限は、オホーツク海です。知床">
 海氷結氷の南限は、オホーツク海です。知床">結氷するしないの境界線はどこか – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

結氷するしないの境界線はどこか


 海氷結氷の南限は、オホーツク海です。知床を経て根室海峡、珸瑤瑁水道に至ります。基本的に太平洋に流れ込まないのが通常ですが、数年おきに釧路までやってくる場合もあります。

 一方、ここでは、湖沼の結氷について紹介します。北海道内の湖沼はすべて結氷するというわけではありません。というよりも、最北の不凍湖が北海道内にはあります。

 そもそも結氷とは、水面の気温が0度以下になった時に水が凍結するもの。特にマイナス10度近くになれば間違いなく凍結します。降雪があると、特に凍りやすくなります。湖では湖氷といい、湖すべてが凍結すると全面結氷、全面凍結といいます。

北海道内の結氷する湖沼

 日本最北の不凍湖、つまり水面が結氷しない湖の最北は、支笏湖です。ただし、支笏湖に限っては、水深が深いため、奥底の水が温かく、水面が凍りにくいので不凍湖になります。しかし、1978年、2001年には、強い寒気の影響で珍しく全面結氷しました。

 同じく洞爺湖も不凍湖ですが、2001年には支笏湖と同じく部分結氷しました。一方、白老町の倶多楽湖は結氷する湖として知られます。御神渡が見られたこともある湖が、2022年にも不凍湖になってしまうという研究もあります。温暖化の影響でしょう。

 サロマ湖でも異変が起きています。例年は全面結氷しますが、2004年、2007年は全面結氷せず、2009年には結氷が4分の1にとどまりました。

 全面凍結する湖の代表例は、屈斜路湖です。全面結氷の湖では国内最大級といわれています。近くの摩周湖は、水深が深いため全面結氷せず部分結氷です。阿寒湖は全面結氷します。

 主な道内の湖のうち結氷するしないを分類してみました。不凍湖は数少ないことがわかります。北限が支笏湖や洞爺湖ですので、道北、道東では基本的には全面、部分結氷問わず結氷するということになります。しかし、道南でも結氷するところもあり、水深や気温など、当地の地理・気候条件によって大きく変わることがわかります。

数字は最大水深

クッチャロ湖(3m) 結氷
サロマ湖(20m) 結氷
網走湖(17m) 結氷
能取湖(23m) 結氷
濤沸湖(2.5m) 結氷
阿寒湖(45m) 結氷
摩周湖(211m) 結氷
屈斜路湖(117m) 結氷
風蓮湖(11m) 結氷
厚岸湖(11m) 結氷
塘路湖(7m) 結氷
チミケップ湖(23m) 結氷
ウトナイ湖(1.5m) 結氷
オンネトー(10m) 結氷
然別湖(108m) 結氷
糠平湖(20m) 結氷
かなやま湖(51m) 結氷
渡島大沼・小沼(13m) 結氷
倶多楽湖(148m) 結氷
支笏湖(363m) 不凍湖
洞爺湖(180m) 不凍湖


 全面結氷する湖沼では、冬季にワカサギ釣りが解禁になるところもあります。氷の厚さが20cmを超えると安全基準を満たしている、網走湖、かなやま湖、桂沢湖、朱鞠内湖などでワカサギ釣りを行うことができます。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。